2017年08月 / 07月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫09月

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Edit |  --:-- |  スポンサー広告   このページの上へ

2007'11.05 (Mon)

ますます趣味がおっさん化してるような

てなわけで、ヴァン・モリソンのムーンダンス買ってみました。
B00005HG66ムーンダンス
ヴァン・モリソン
ダブリューイーエー・ジャパン 1996-01-25

by G-Tools

レビューとか見てると画期的なサウンドらしいんだけど、その辺はよくわかんない。
でよ。ムーンダンスのオリジナルを聴いた感想。これいい!マイケル・ファインスタインのビッグバンドなアレンジもいいけど、もう少し小ぶりな編成でこっちの方が大人っぽいかも。つか、このときヴァン・モリソンは25歳だったらしいけど、それにしては歌い方といい写真といい渋すぎるような。おっさん臭いというか。
ロッド・スチュアートがカバーしたクレイジーラブはロッドといい勝負?ヴァン・モリソンのファンに怒られそうだ。でも私はロッドびいきなの~。
あとこれ、1970年のリリースなんだけど全然古い感じがしないのね。私は普段聞いてる音楽が古すぎるので自分の感覚はあんまりあてにならないんだけど、1960年代とか70年代の音って変にエコーかかってたりステレオの処理が不自然だったり電子音が居心地悪かったりすることが多いんだけど(そういうところがいい場合もある)、このアルバムからはそういう引っ掛かりを感じることがない。リマスターもされてるんだろうけど音も悪くない。
ということで、気に入りました。こうなってくるともうひとつ評判のアストラルウィークスも気になるなあ。時代が偏りすぎな気もするから幅広く聴くためにベスト盤も聞いてみたいかも。でもいろいろあるみたいで何を選んだらいいのやら。
それから、リトル・リチャードにリベンジすべく、別のCDを買ってみた。
B000000QMKThe Georgia Peach


by G-Tools

よく調べてみると前に買ったCDはリトル・リチャードがブレイクする前の曲が多かったみたい。ブレイクした後の曲を多く含んでいるこのCDなら違うでしょうということで期待しつつ聴いてみた。
ノリノリだしシャウトしてるし非常によろしい。んだけど、でもでもやっぱりピアノ率が今ひとつかなあ。どうも全体的にピアノの音量が小さいような。イントロとか中間部とか歌のない部分で音量アップすることはあるんだけど、歌の間は耳を澄ませないと聞こえない。そんなもんなんだろうか。でも前のよりは本人のピアノ演奏率も高いみたいだし、内容的には満足。とりあえずリベンジは成功。
それにしてもTutti Fruttiとかカッコいいよねー。同じ黒人でロックンロールの黎明期に活躍してた人ってことでファッツ・ドミノも聴いてみたけど、ハードロック寄りなのはリトル・リチャードなんじゃなかろうか。同じくらいの時代で白人ではジェリー・リー・ルイスも聴いてみたけど比較するとジェリー・リーの方がクール?(生き方はどちらも大概クレイジーだと思うけど)色気も感じる。当時は女性ファンも多かったのかな。
同時代の人と言えば忘れちゃいけないエルビス・プレスリー。この人に関してはちょっと前にBSでやってたドキュメンタリーとかライブ映画とかは見てるんだけど、CDまでは手を出してない。だって山ほどありすぎて選ぶのが大変そうなんだもん。とりあえず自分の中では50年代がテーマなので、その時期の録音を集めたものがいいわけですが。
ハウンドドッグとか監獄ロックとかは聞く機会が多いけどテレビ映像とか映画の映像でしか見てない。アイドル映画とか晩年のライブ映像とかも見たことはあるけど、初期の音楽だけにじっくり耳を傾けたことってそういえばないや。60年代後半だったか70年代のライブは確かにカッコいいと思ったけど(かろうじてデブってない時期)、50年代の歌をまとめてるコンパクトでいいCDはないものか。
こうして聴いてる音楽はどれも、おっさん向け音楽とは言わないけどファンのオヤジ率は高そうだよね。エルビスは女性ファンだっているだろうけど男性率が高そうなイメージが。自分はこの手の音楽に興味を持つには若い方だと思うし、同年代またはもっと若い層でこの辺聞いてる人って少ないんだろうな。まあビング・クロスビーに胸キュンしてるよりはエルビスにきゃーきゃー言ってるほうが理解はして貰い易いかな?でもヴァン・モリソンとかリトル・リチャードでは共感は得にくいかも。ちなみにここ最近知った中ではジェリー・リーかファッツ・ドミノが特に好きかも。
ちょっとジャンルは異なるけどファッツで思い出した、ファッツ・ウォーラーも聞いてみたい人のうちの一人。共通点はピアノ弾きってことだけかも。
関連記事

テーマ : 音楽のある生活 - ジャンル : 音楽

Edit |  01:43 |  音楽  |  TB(0)  |  CM(0)   このページの上へ

Comment

コメントを投稿する


管理者だけに表示

このページの上へ

Trackback

この記事のトラックバックURL

この記事へのトラックバック

 | HOME | 
アクセス解析
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。