2017年05月 / 04月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫06月

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Edit |  --:-- |  スポンサー広告   このページの上へ

2008'01.15 (Tue)

ウィリーネルソンとかジョージャクソンとか

3連休は溜まったHDDの消化をしてました。見たのはミュージカルコメディに西部劇に伝記映画に異国ロマンスにサスペンスとタイプはバラバラ。最後に見たサスペンスが怖かった!
それはさておき、以前から買おうかどうしようか悩んでるCDがあるのでアマゾンを眺めてうーんと考えていたら、こんなCDが引っかかった。
B000063RSEMoonlight & Love Songs
Leon Russell
Leon Russell Records 2002-04-09

by G-Tools

レオン・ラッセルって名前は知ってるけどちゃんと聞いたことないなー。面白そうだなーと思ったけど、最初に出てきたやつは現在入手が難しいようで(買えなくはないけどちょとハードルが高い)。他に何か面白そうなものないかなーと調べてみるとこんなCDが引っかかった。
B0000025GNOne for the Road
Willie Nelson Leon Russell
Columbia 1989-06-19

by G-Tools

ウィリー・ネルソンも名前は知ってるけど詳しくはない。別のお目当てがあって買ったコンピに入ってるのを聞いたことがあるくらいだなーという程度。でもなんか面白そうなので買ってみた。
このタイトル見たらハロルド・アーレンかなと思うでしょう。詳細を見たらその通りで、内容は前半がカントリー、後半がスタンダード。カントリーはあんまり聞かないんだけど、ビング・クロスビーが歌ってたやつならわかる。なんとなく男の世界って感じだよなー。現在は女子率も上がってるんだろうけど、最近のことは知らないので昔のイメージで。
レオン・ラッセルを検索してて出てきたやつだからレオン・ラッセルの歌を期待してたら、レオンさんはサポートというかプロデュースとかアレンジとか伴奏とかそっち方面での参加で、歌は少々。前半はウィリーさんと一緒に歌ってるけど、メインボーカルはウィリーさんみたい。カントリーで知ってる曲は少ないけど結構面白い。あと細かいことだけどゲストで1曲ボニー・レイットがスライドギター弾いてます。後半はレオンさんの声はまったく聞けない。それでもウィリー・ネルソンの歌がなかなかよかったので気に入ってます。選曲も好みだし。なんとなくこないだ買ったニルソンのと雰囲気似てるかなー。1979年にLP2枚組で発表されたものらしい。
しかしおっさん二人の濃いジャケット写真だ。いずれはレオン・ラッセルもちゃんと聴いてみたいなー。先のスタンダード集についてはこれで大半は捕捉できるっぽいけど、
B000AU1MOIソング・フォー・ユー~グレイテスト・セルフ・カヴァーズ&モア!!
レオン・ラッセル
ユニバーサル インターナショナル 2005-10-05

by G-Tools

どうせ聴くならもっといい時期の録音の方がいいのかなあと思ったり。でも自分の方針的にはスタンダードが聴きたいし。どうしようかなー。こうしてオヤジ旅は続く。
お次は去年の終わりに買ったジョー・ジャクソン。
B00000HY5IJumpin' Jive
Joe Jackson
Karussell 1999-01-12

by G-Tools

この人も名前しか知らない。代表作とか世間一般のイメージすら知らない。ニューウェイブの時代にヒットしたらしいと調べたらわかったけど。このCDはたまたま某所の「こんな人がジャズを」リストに載ってて、お値段安かったので買ってみた。1981年の作品。
私が主に聞いてるスタンダードソングとはちょっと毛色が違うんだけど、まあ一応これもスタンダードなんですかね。ポピュラーソングっていうよりジャイヴというのか。よく知らずに適当に書いてるけど白人ジャズじゃなくて黒人ジャズって感じかな。キャブ・キャロウェイのイメージが近いような。実際キャロウェイの曲も何曲か入ってるし。ちょうど最近キャブ・キャロウェイの映画(ハイデホー)を見たところだったのでなかなかタイムリー。
私のこっち系の趣味は出発点がガーシュインなのでどうしても白人音楽に偏りがちだけど、たまにはこういうのも楽しいね。ガーシュインだってその他の白人音楽だって黒人音楽の影響を受けてる部分は大いにあるというからその辺もいずれは聴きたいけど、現状では手を広げすぎても収拾がつかないのであまり深く突っ込むつもりはない。でもキャブ・キャロウェイくらいはちゃんとまとめて聴いておいた方がいいかなあ。まともに聴いてるのってファッツ・ウォーラーくらいだし。あとサッチモを断片的に聴いてるくらいか(ビング絡みとかガーシュイン絡みで)。エリントンナンバーも詳しくないし、コットンクラブ周辺は押さえておきたいところかも。
関連記事

テーマ : '70年から'80年の洋楽 - ジャンル : 音楽

Edit |  02:07 |  音楽  |  TB(0)  |  CM(0)   このページの上へ

Comment

コメントを投稿する


管理者だけに表示

このページの上へ

Trackback

この記事のトラックバックURL

この記事へのトラックバック

 | HOME | 
アクセス解析
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。