2017年05月 / 04月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫06月

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Edit |  --:-- |  スポンサー広告   このページの上へ

2008'02.11 (Mon)

30年分のコレクション2回目

前回は全然時間が足りなくて最後の方が駆け足になってしまったので、2回目のリベンジに国立国際美術館へ行ってきました。知人から招待券を貰ったのでタダで入れた。
それにしてもおかしいなあ、2回目だから手短にと思ってたのに結局今回も2時間ぐらいかかってしまったよ。謎だ。
終了間際なせいか人が多かったー。現代美術ってそんなに人気なさそうに思えるのに。テーマによっては結構人が集まるってことか。ロッカーが全部埋まってた(もともとそんなに多くはないんだけど)。でも前半こそ人だかりができてる部分もあったけど、人の多さの割には流動的なので見るのが大変ってことはなかった。
前回見逃したコーナーもちゃんと確認してきた。B2Fの順路ってわかりにくいよね。出品リスト片手に壁の上の方に書いてある番号チェックしてようやくわかった。日本の現代写真のコーナーだったんだけどこれは見といてよかったわ。最近現代美術の中では写真が好きかもーと思うようになってきた。
前回はB3F終盤にある作品にあるピアノの音がガンガン鳴ってたのに今回は止められてた。あと彫刻作品が1点展示中止になってたけど何かあったんだろうか。

帰りに本屋に寄って見つけた気になる本。
明治の文学と絵画の関係について知りたいと思っていたらこんな本があったので購入。
4000224824画文共鳴―「みだれ髪」から「月に吠える」へ
木股 知史
岩波書店 2008-01

by G-Tools

かなり分厚いので頑張って読まないとー。明星とかみだれ髪についての文章量が多そうなので楽しみ。藤島武二のことも何かわかるかな。
新刊コーナーに並んでた本。なんだこりゃー。
4061825852エコール・ド・パリ殺人事件 レザルティスト・モウディ (講談社ノベルス フK- 2)
深水 黎一郎
講談社 2008-02-08

by G-Tools

と思って手に取ってみたら作者は大学の文学部かなんだかの先生で兼業作家なんだそうで。一応そっち系の素養はあると思っていいのだろうか。時代は現代でエコールドパリを扱う画商が殺されて…という話らしいけど、結構分厚いし多分読めないので購入はしてない。
そうそう、あと、こないだ長いこと待ち続けてようやく届いたミュシャの本が置いてあった。しかも2冊も。こんなところにあるなんて…と思ったけど、私がアマゾンで買った値段の倍くらいしてた。これは喜んどくべきところなんだろうな、きっと。気になる人は堂島のジュンク堂に急げ!
1844517306Alphonse Mucha Masterworks (Masterworks)
Flame Tree Publishing Co Ltd 2007-03-01

by G-Tools

関連記事

テーマ : 美術館・博物館 展示めぐり。 - ジャンル : 学問・文化・芸術

Edit |  15:48 |  アート  |  TB(0)  |  CM(2)   このページの上へ

Comment

●何と!?

ミュシャの本。ジュンク堂に置いてあるとは!
私も待たされたクチなので、ちょっと複雑な感じ(苦笑)
まぁ手頃な値段で購入できたから良しですね

私は以前紀伊國屋BOOKWEBで買った「装飾資料集」だったかな?が
堺のミュシャ館で見つけて代引き手数料が惜しくなった事があります(セコイ)

扱いにくい本なのかと思ってましたが、ジュンク堂意外とやりますね(笑)

※ほとぼりも冷めたので懲りもせずブログ再開しました
 良かったらまた見に来てください♪

ilse | 2008年02月12日(火) 08:27 | URL | コメント編集

>ilseさん
ブログ復活おめでとうございます。
また覗きに行かせて貰いますね~。
あの本にはホントに驚かされました。いつから置いてあったんだろう…
Ira | 2008年02月13日(水) 23:06 | URL | コメント編集

コメントを投稿する


管理者だけに表示

このページの上へ

Trackback

この記事のトラックバックURL

この記事へのトラックバック

 | HOME | 
アクセス解析
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。