2017年08月 / 07月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫09月

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Edit |  --:-- |  スポンサー広告   このページの上へ

2008'03.10 (Mon)

20世紀の巨匠たち2回目

大丸ミュージアム梅田でやってる「20世紀の巨匠たち」展へ2度目の鑑賞に行ってきた。
前回は初めて見る名前が多くて全員の作風を把握し切れなかったので、もう一度見てみたいと思って、梅田に出たついでに。デパート系の美術館は夜遅くまでやってるのがありがたいね。夜7時に行ってもまだ閉館まで1時間ある。内容次第では十分余裕がある。
覚書ということで記憶があるうちに一人ずつひとこと感想でも書いてみよう。
1.ルイス・ハイン
アメリカでも20世紀の始めごろは子供たちが労働させられてた時代(たぶん主に貧しい移民の子なんだと思う。学校に行ってないので英語も分からないとか書いてあったし)。そんな現実を撮影して世に訴えたそうな。でも見てるとちょっとほのぼのしてしまう写真もあったり。
2.マン・レイ
シュルレアリスムの人。有名な人体弦楽器(そんなタイトルじゃない)とか。「白と黒」ってのがよかったな。マルセル・デュシャンを撮った写真とかあの辺はわかったようなわからないような。
3.エドワード・ウエストン
幻想的な風景(子供が妖精みたい)はタッチが綺麗(マチエールというのか、写真の場合なんて言うんだろうなあ)。岩とか木の枝(ケルプ)とか自然のもので面白い形のものを捉えてる写真も面白い。
4.アンドレ・ケルテス
はぐれ雲だっけ?日常のひとコマを切り取ったような写真がいい。レンガの壁を撮ったのも面白いし、船が写ってるやつとか屋上から撮ったような写真とか、偶然なのか考え抜いての構図なのか。
5.ロバート・キャパ
戦争の写真が多い。撃たれる兵士の写真はなんと言っていいのやら。ピカソの写真はどこかで見たことあるような、と思ったら本の表紙に使われてた(タイトル忘れたけど文庫本でピカソに関する本だったと思う)。「パリ」というタイトルの写真がアンソールの絵みたいだなあと思った。
6.W.ユージン・スミス
同じく戦地の写真をたくさん撮ってた人。水俣の写真も撮ってたらしい。こういうドキュメンタリータッチな写真ってどこまで演出入ってるのか、やらせなしで決定的瞬間を捉えているのか、気になる。
7.ウイン・バロック
気に入った。クローバー(たぶん)が敷き詰められたような野原に寝転ぶ少女(たぶん)の写真がよすぎる。鳥の写真もよかった。なんだろう、普通に撮ってるんだと思うんだけど不思議な雰囲気があっていいなあと。最後の方にちょっと前衛な写真もあったけどそれも面白かった。この人が杉本にちょっと似てるかもと思った人だ。
8.ウイリアム・クライン
日本の街を撮った写真がたくさん並んでた。前衛ダンサーがキモすごい。株取引所とか国会かどこかの議場の写真とか、撮り方がおもしろいな。
9.アービング・ペン
解像度が粗めな感じの写真が多かった。小さい写真を引き伸ばしたような。ざらっとした質感がおもしろい。ここでもデュシャンが被写体に。
10.アンセル・アダムス
めっちゃ綺麗。階調が激しく繊細。なんかそういう現像方法だか手法を開発した人なんだとか書いてあったけど細かいことは忘れた。なんであんなに見えるんだろう。この人の写真集作ろうと思ったら印刷大変だろうなあ。白樺の写真が一瞬ソラリゼーション(またはネガフィルム)かと思ったけど狙ってるんだろうか。最後にあった小さい写真の構図が面白い。あれ偶然なのかなあ。
11.エルンスト・ハース
クリエーションシリーズ(邦訳もあったけど忘れた)が凄い。展示の中でこの人の前はほとんどモノクロ写真で、カラー写真はほとんどないんだけど、この人のカラーは凄いね。フラミンゴ(だったと思う)の飛翔の瞬間がダイナミック!雨の降るところとか、滝とか、マグマとか、どう撮ったらああなるんだろうなあ。すごいなあ。
12.ヘルムート・ニュートン
都会のアダルティな写真(適当な説明)。ちょっと眼のやり場に困るような…。でもクールなんだよね。室内はいいけど路上のってどうやって撮ったんだろうなあ。
13.アンディ・ウォーホル
有名人の小さい肖像写真が並んでた。これだけではコメント不能。ポップアートは文脈を知らないと難しいわ。
14.ロバート・メイプルソープ
女性ボディビルダーの肉体美に惚れる。花の写真も素敵。この人はすごい写真を撮ってて物議をかもしたらしいけど、今回展示されてるのは全然おとなしい写真なんでしょう。
関連記事

テーマ : 美術館・博物館 展示めぐり。 - ジャンル : 学問・文化・芸術

Edit |  22:15 |  ミュシャ一般  |  TB(0)  |  CM(0)   このページの上へ

Comment

コメントを投稿する


管理者だけに表示

このページの上へ

Trackback

この記事のトラックバックURL

この記事へのトラックバック

 | HOME | 
アクセス解析
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。