2017年04月 / 03月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫05月

2008'06.08 (Sun)

色と線

本日最終日の「COLOR×COLOR」展@伊丹市立美術館と「線の発見」@大阪市立近代美術館(仮称)心斎橋展示室へ行ってきた。兵庫県立美術館の「南画って何だ?」も興味はあったんだけど、結局行けずに終わっちゃったなあ。
「COLOR~」は色をテーマにした展覧会。伊丹市立美術館のコレクションを使った企画展ということもあって比較的地味目な展覧会なんだけど楽しかったです。カラフルっていいなー。
マン・レイってシュルレアリスム写真のイメージが強かったけどこんなかわいい絵も描いてたなんて。ポストカード買っちゃったよ。
渡辺豊重って人の絵がなんか不思議な感じだった。彫刻というのか立体作品も可愛いような奇妙なような色や形なんだけど、キャンバスに描かれた色と線もマチエールが面白くて絵の前でうわーとなってた。
デュフィの電気の精は前に見たのと一緒?と思ってたら、違うやつだった。前に見たのは壁画の1/10の複製(たしか油彩だったはず)で、今回のはリトグラフだった。理系でも特に電気系の人には楽しい絵かと。下の方にたくさん出てくる科学の世界の偉人たち、何人わかる?私の記憶はかなり錆付いてるので半分わかったかどうかってところだったけど。あれをリストにまとめてる人っていないのかなー。実物大とは言わないけど、文字が識別できるくらいのサイズのポスター欲しい。
本展のポスターに使われてた孫雅由という人の絵が地下の展示室の小部屋にずらっと並んでたのも爽快だったなあ。
お次の展覧会、「線の発見」はなんというか、頭を使う展覧会だったなあ。
美術を楽しむときって、感覚重視で理屈は関係ない!っていう見方と、理論とか理屈を楽しむ見方とあると思うんだけど、これは後者だなと。理屈じゃなくて好き、嫌い、という感情が沸くこともあるし、背景の事情とかこういう理由があってこうなってるのかとか知ることによって楽しみが増すこともあるし、私としてはどっちの楽しみ方もしたいな。
もちろん今回の展覧会も頭を使わずに見てもいいんだけど、こういう視点もあるのかと新鮮な感覚を得ることができたのは面白かった。「線」ってそういうものなのかー。
でもそういう視点とは別に、仙かわいいよ、恒富の描く女の子かわいいー、治良さんいいなー、とかそんな見方もしてました。
さて、今回も次に行きたい展覧会のネタを仕入れてきたわけですが。館内にあるポスターとかチラシとか、結構関西圏以外の土地のやつが多いんだよね。7月から名古屋市美術館でやる「版」の誘惑展とか、府中市美術館でやってる「ゆかいな木版画」とか面白そうだなー。「誌上のユートピア」は今うらわでやってるのかーとか(これは次に名古屋に巡回するから絶対行くぞーと思ってる)。あのポスターかわいいよな。小磯良平の展覧会が滋賀県のどこかでやってるらしいのも気になるけど、守山市だっけ、どの辺だっけ。ちょっと遠いのかな。
関連記事

テーマ : 美術館・博物館 展示めぐり。 - ジャンル : 学問・文化・芸術

Edit |  23:27 |  アート  |  TB(0)  |  CM(0)   このページの上へ

Comment

コメントを投稿する


管理者だけに表示

このページの上へ

Trackback

この記事のトラックバックURL

この記事へのトラックバック

 | HOME | 
アクセス解析