2017年10月 / 09月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫11月

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Edit |  --:-- |  スポンサー広告   このページの上へ

2008'06.15 (Sun)

液晶絵画

ちょっと梅田へ出るついでに、本日最終日の国立国際美術館の「液晶絵画」展を見てきた。最終日の午後3時すぎに行くって、もう本当にギリギリなんだから。
前にどこかでポスターを見て、なんとなく面白そうかなあと思って行くことにしたんだけど、映像系アートの展覧会ってほとんど行ったことなくて、別の目的で行った美術館の常設にあったりというので遭遇する程度。
タイトルにあるように液晶ディスプレイを使った作品がほとんど。一部、スクリーンに投影した映像作品とか普通の絵もあったけど。
ひとつひとつの作品のサイズが大きいのと、ひとつ見るのに時間がかかることもあって、全体の作品数は少なめ。でもなかなか楽しめました。
入り口を入ってすぐのところのビル・ヴィオラの作品が面白かったな。サム・テイラー=ウッドのスティル・ライフもよかった。森村泰昌のフェルメール研究も、アトリエの再現とかあってついジロジロと眺めてしまった。鷹野隆大の電動ぱらぱらも面白かったけど、ちょっとR15(R18?)っぽい作品のような…。ドミニク・レインマンのYo Lo Viも仕掛けが面白かった。モロスワフ・バウカも不思議な感じだったなー。
常設展示を見る時間はほとんど残ってなかったので駆け足で。ここのコレクションはさんざん見てるから見たことある作品が多かったので、見たことないのを重点的に。今回は終了間際だったせいか展示品リストが置いてなくて、細かいことはすっかり忘れちゃったんだけど、誰だったっけなあ、アルファベットの名前の日本人?それとも在日のアジア系の人かなあ(モチーフが日本のことよく知ってそう)、その人の連作みたいなのがずらっと並んでたのが面白かったな。作風は覚えてるのに名前を覚えてない…。あと、これは前にも見たけど「何もすることがない」ってやつがおもしろい。作者名は覚えてない。
んで、梅田に何をしにいったかというと、でっかい本屋で探しものをするために。中之島方面ならジュンク堂があるしね。そこで「版画芸術」の新しい号を見かけて、杉浦非水特集だったので衝動買いしてしまった…。だってかわいいんだもんー。
4872422406版画芸術 140―明治・大正・昭和のノスタルジー
阿部出版 2008-06

by G-Tools

関連記事

テーマ : 美術館・博物館 展示めぐり。 - ジャンル : 学問・文化・芸術

Edit |  23:11 |  アート  |  TB(0)  |  CM(0)   このページの上へ

Comment

コメントを投稿する


管理者だけに表示

このページの上へ

Trackback

この記事のトラックバックURL

この記事へのトラックバック

 | HOME | 
アクセス解析
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。