2017年08月 / 07月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫09月

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Edit |  --:-- |  スポンサー広告   このページの上へ

2008'06.26 (Thu)

ハンブルパイ

タワレコをうろうろしていて見つけたCD。
おっ、ミュシャっぽい?
B0016LGBOGディフィニティヴ・コレクション
ハンブル・パイ
USMジャパン 2008-06-25

by G-Tools

店内の特設コーナーにたくさんCDが並んでて、古いアルバムの再発みたいな感じだったから何かな?と思ったらSHM-CDとかいう特殊なCDらしい。古いものから割と新しいものまで、名作が揃ってるんだと思うけど、自分的ツボ作品がなかったし、音楽は好きでもオーディオマニアじゃない私には魅力が薄いかも。(ミキシングとかリマスターで音が変わることがあるのは多少経験してなるほどーと思ったことはあるんだけど、所詮PC再生で安いヘッドホンで聴いてる程度のリスナーだからなあ)
んで、このハンブルパイって人たちのことは全然知らなかったんだけど、メンバーが他のバンドでも有名な人なのね。スティーブマリオットとピーターフランプトンって名前だけは知ってる。その特設コーナーじゃなくて通常の棚の方を見たら、このCDがあった。
B000AQBAU8Humble Pie
Humble Pie
Universal Japan 2005-10-31

by G-Tools

これはだいぶ前に目撃していて、サロメだ!ビアズリーだ!と目をつけてたやつだったので、先に紹介したCDがああいうアートワークなのは共通したコンセプトなのかしらと思った。んで、他のアルバムのジャケットもチェックしてみたけど、特にアールヌーヴォーっぽいということはなかった。残念。
関連記事

テーマ : 雑記 - ジャンル : 学問・文化・芸術

Edit |  22:36 |  ミュシャもどき  |  TB(0)  |  CM(0)   このページの上へ

Comment

コメントを投稿する


管理者だけに表示

このページの上へ

Trackback

この記事のトラックバックURL

この記事へのトラックバック

 | HOME | 
アクセス解析
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。