2017年07月 / 06月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫08月

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Edit |  --:-- |  スポンサー広告   このページの上へ

2008'07.28 (Mon)

「版」の誘惑

せっかく名古屋に来たんだしってことで、愛知県美術館の次に名古屋市美術館へ。ところが移動中に夕立発生。一応晴雨兼用の日傘は持ってたけど強い雨に耐えられるか不安だし雨宿りするべきか悩んだけど、あんまり時間もないので強行突破。ちょっと濡れたけどなんとか到着。
ここでは「版」の誘惑展が開催中。こっちはまだまだ会期に余裕あり。
前にどこかの美術館でチラシを見つけて面白そうだなーと思ってたんだけど、たしかに面白かった。「誌上のユートピア」もそうだけど、印刷とか複製とかってキーワードに弱い私。そりゃもうがっつり楽しませてもらいましたとも。
名古屋市美術館の開館20周年記念企画らしく、凝った展覧会だった。基本的に名古屋市の持ち物を展示してるらしい。博物館の持ち物だったり、個人蔵も一部あるみたいだけど。
展示作品数はそんなに多くなくて、一点一点じっくり見るって感じではなかったので鑑賞時間は短めだったんだけど、なるほどねーと面白がりながら見ることができるのが楽しかった。入り口で貰ったパンフレットを見ながら順番に眺めていくという流れなんだけど、それぞれ見るべきポイントみたいなのがあって、単純に作品として楽しむのもいいんだけど、その意味合いとかを考えるのも楽しかった。これも「版」なの?ってのがあったりしたし。
赤瀬川原平って名前は知ってるけど作品はあんまりよく知らなくて(少しくらいは見たことあると思うけど)、今回これがそうなのかーっていうのが展示されてて楽しかった。これが噂の…
リトグラフとエッチングとシルクスクリーンの印刷機や印刷用の道具が色々並んでるところが面白かったな。
過去の展覧会のポスターが会場内に貼ってあったのもよかったな。それもしっかり画鋲で。これも「版」だし。
あとは河原温がたくさんあってびっくり。この人の名前は大阪で知ったんだけど、名古屋にゆかりがある人なんだろうか?これは「版」じゃないんだけど、限りなく「版」に近い何かってことで。この人って不思議なことやってるよなあ。よくわかんないけど嫌いじゃない。
一番最後のが面白かったな。これはネタばれなしで楽しんで欲しいから書かないけど、なるほど!と思った。へー、たしかにこれもある種の「版」だわ。
そしてお楽しみはそれだけじゃなくて。まあ大したことないといえばそうなんだけど、貰ったパンフレットにスタンプ押しまくって帰ってきました。これも「版」よねと。
08-07-28_20-30.jpg
関連記事

テーマ : 美術館・博物館 展示めぐり。 - ジャンル : 学問・文化・芸術

Edit |  20:34 |  アート  |  TB(0)  |  CM(0)   このページの上へ

Comment

コメントを投稿する


管理者だけに表示

このページの上へ

Trackback

この記事のトラックバックURL

この記事へのトラックバック

 | HOME | 
アクセス解析
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。