2017年05月 / 04月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫06月

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Edit |  --:-- |  スポンサー広告   このページの上へ

2008'07.29 (Tue)

サロメの本棚

こないだ注目してたビアズリーのサロメの絵の中に出てくる本のタイトルについて、絶対着目してる人がいるはずだ!と思って検索してみたらばっちり見つけた。
解説:その1その2
なるほどねー。これで謎が解けたぞ。
先日の展覧会で注目した絵は2枚。図録によるとそれぞれの絵のタイトルは「サロメの化粧I」と「サロメの化粧II」となっている。上記リンク先の解説によると1枚は未使用バージョンらしい。図録に詳しい解説はないんだけど、本来の挿絵として使われたのは片方だけってことかな?ほぼ同じ場面を描いていると思っていいのだろうか。
我が家にあるDoverの本には両方載ってる。この本はオリジナルのサイズに近いので文字が確認できるかなーと思ってチェックしてみたら、半分くらいは読めたけど、正確なスペルを判別しようとすると苦しい。廉価本だからそんなに印刷はよくない。
0486218309Salome: A Tragedy in One Act
Oscar Wilde
Dover Pubns 1967-06

by G-Tools

展覧会の図録は買ったけど小さすぎて見えないし、上記URLでも細かい字はつぶれちゃってる。それだけ字が細かいってことだ。よっぽど高精細な印刷でないと無理そう。ともかく、ぼんやり見える文字と自分の記憶と、そこから類推される本のタイトルや作家名から調べていけば、上記URLに書かれていることが正しいかどうかはだいたい確認できる。
ということでいろいろ調べてみた結果わかった、絵の中に書かれているであろう文字を並べてみる。

1枚目
Zola / La Terre=ゾラ「大地」
Les Fleurs du Mal=「悪の華」(ボードレール)

2枚目
Zola / Nana=ゾラ「ナナ」
Les Fetes Galantes=「艶なる宴」(ヴェルレーヌ)
Marquis De Sade=マルキ・ド・サド(人名)
Manon Lescaut=「マノン・レスコー」
The Golden Ass=「黄金のロバ」

どれも19世紀末に不適切な書物として扱われていたものらしい。不道徳とかお下品とか。ほとんどはサロメの時代にはあるはずのない本だけど(サロメはたしか1世紀とかその辺の時代の話だったよね?)そこは気にしない。
とりあえず上から順番に行ってみよう。
ゾラの「大地」は連載小説だったそうで、発表時には随分と物議を醸したらしい。農民小説ということだけど、骨肉の争いとか過激な描写があったりしたらしい。
ボードレールの「悪の華」はいわずと知れたデカダン詩集。背徳とか官能とか。
「ナナ」は主人公が高級娼婦で貴族や社会の腐敗を描いてるあたりで選ばれたのかな。
「艶なる宴」はヴェルレーヌの歌集。その内容が不道徳だったかどうかは不明だけど、ヴェルレーヌの存在自体がスキャンダラスだったみたいだ。ちなみにこの歌集の中の一篇、「月の光」をもとにドビュッシーが曲を作ったり、作曲家にとってのインスピレーション源としても有名らしい。
マルキ・ド・サドは説明するまでもないかな。著書は「悪徳の栄え」とか「ソドム~(長いので正式名称は憶えてない)」とか。
「マノンレスコー」(プレヴォー)は確か「椿姫」でヒロインが死ぬまで大事にしてた本じゃなかったっけ?(うろ覚え)ストーリーは知らなかったんだけど、調べてみたらファムファタールものの元祖なのね。ということでここに入るのは納得。
ここまではだいたい18世紀~19世紀のもので、ビアズリーとほぼ同時代と言っていいんじゃないだろうか。
最後の「黄金のロバ」(アプレイウス)だけ古くて、2世紀ごろの物語。何が不適切なんだろうと検索してたらこの物語を心理学的に分析した人がいるらしいと出てきた。ユングの弟子が書いたらしいけど、時代は合うのだろうか。関係ないかな?さらに調べてみると、内容にちょっと下世話なところがあるっぽい。でもわざわざ古い本を取り上げたんならそれなりに意味がないと…と思うんだけど、あらすじとか紹介文読んでもそこまで不適切書物って雰囲気はないんだよなあ。本文を読んでないからわからんけど。他に考えられる理由としては、もしこの当時から既にassに例の意味があったとすれば、単に字面だけでお下品ってことになるんでしょう。うーん、最後の説が一番有力のような気がしてきた。
ところでこのことを調べてて、出てきたサイトに

Note the Hogarthian technique of placing legible texts within the picture space that comment upon the subject depicted.


とあるのを読んで、そうそう、わかるなー、そこに注目するとは。これを書いた人とは気が合いそうだと思った。

追記:Doverの本からのスキャン画像を参考までに載せておく。
まずは未使用バージョン。ちょっとかすれてるけど何とか読み取れるかな。もう1冊読めそうで読めないのがあるけど、これが何なのかは不明。
20080731salome0001.jpg
次のが決定稿?これもナナとサドとマノンは比較的読み取りやすいかと。でもヴェルレーヌのはかなり苦しい。ASSもつぶれちゃってる。これは実物を見たときもそうだった。
20080731salome0002.jpg
関連記事

テーマ : 雑記 - ジャンル : 学問・文化・芸術

Edit |  22:22 |  アート  |  TB(0)  |  CM(0)   このページの上へ

Comment

コメントを投稿する


管理者だけに表示

このページの上へ

Trackback

この記事のトラックバックURL

この記事へのトラックバック

 | HOME | 
アクセス解析
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。