2017年04月 / 03月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫05月

2008'08.31 (Sun)

黒田清輝展

本日最終日の黒田清輝展@小磯記念美術館へ行ってきた。
行くつもりでいたのに結局最終日…ってこのコメントも聞き飽きたよね。
黒田のことは特別に好きってわけじゃないんだけど、作品に対する思い入れはなくても人としては嫌いじゃない。といっても人柄なんてろくに知らないんだけどね。
解説読んだりした受け売りなんだけど、「構想画」を制作したいと思いつつ、結局それはかなわなかったそうで、それを目指したであろう作品が幾つかあるんだけど、そういうの見てるよりも、スケッチ感覚で描いた小品とかの方が親しみが持てて好きなんだよなー。本当のところはどう感じていたのかわからないけど、頭では難しいことをやりたいと思いつつ、どこかでそういうささやかな作品作りを楽しんでたところがあったんじゃないだろうかと思ったり。
今回の展覧会は東京の黒田記念館(東京国立博物館)から小物も含めて約150点来てた。これだけまとめて黒田の作品を見るのは初めてだ。
代表作の「湖畔」や「知・感・情」はきてたけど、「野辺」がなかったのが残念だ。前に見たことあるからいいけど。他に印象に残ったのは、「花野」と「雲」かな。修行中の人物デッサンとかの習作を見るとたしかにうまいなあと思うんだけど、なんでだろ、あんまり人物画は好みじゃないなあ。風景画がいいな。人物画でも人物の内面とか表情よりも空気とか光とかそういうものの表現がおもしろいかも(解説の受け売り)。
説明パネルに黒田のモラル感覚は女性と子供に関してはフランス的だったというのがあって、どういう意味なんだ?と突っ込みたかった。
展示室内で誰かが藤島武二は黒田の弟子で、藤島の弟子が小磯で…っていう関係なんでしょ?みたいなことをしゃべってるのが聞こえてきて、心の中で違う違うっ!と叫んでました。黒田と武二は同世代なんだよ~。肩書きこそ黒田の方が上で、武二が黒田の影響を受けた部分もあるけど、師弟関係なんかじゃないってば。と武二ファンの人が言ってます。
同時開催で小磯良平の作品選もあったので見てきた。何度も来てると見慣れちゃうけど、ちょこちょこ入れ替えもあるので、こんな絵もあるのかーと思いつつ軽く流す感じで。最後にあった3人の外国婦人ってのがかわいかったな。
そして、売店で黒田じゃなくて武二の図録を買って帰った。去年ここで武二と小磯展をやってたときに、図録は保留にしてたんだけど、それを今回手に入れたわけだ。
関連記事

テーマ : 美術館・博物館 展示めぐり。 - ジャンル : 学問・文化・芸術

Edit |  23:12 |  アート  |  TB(0)  |  CM(0)   このページの上へ

Comment

コメントを投稿する


管理者だけに表示

このページの上へ

Trackback

この記事のトラックバックURL

この記事へのトラックバック

 | HOME | 
アクセス解析