2017年05月 / 04月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫06月

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Edit |  --:-- |  スポンサー広告   このページの上へ

2008'11.08 (Sat)

アールヌーヴォーっぽいカバーアートいろいろ

最近見かけて気になったCDのジャケットを適当に紹介。
Moody Bluesというバンド。私はよく知らなかったんだけど、結構有名?大御所っぽい書き方がされてた。その人たちのライブアルバムがこれ。
B001EB59ZKライヴ・アット・ザ・アイル・オブ・ワイト 1970
ザ・ムーディー・ブルース
ISOL DISCUS ORGANIZATION 2008-10-22

by G-Tools

アールヌーヴォー風といっても既成のフォントを使ってるだけっぽいのが面白くないんだけど。1960年代とか70年ごろのアルバムのカバーアートって出来合いのフォントじゃなくて手書きのタイポグラフィーがいい味出してて楽しいんだよね。その時代に活躍したバンドらしいのでそれっぽいデザインを狙ったのかもしれない。でもこのライブアルバムのジャケットはおそらく最近作られたものなんだろうな。そういう意味では面白みに欠ける。
これはミュシャっぽいかな?どこかで見たことあるような装飾模様が。
B001B2KUF6Divinidylle Tour
Vanessa Paradis
Barclay 2008-09-16

by G-Tools

DVD付きのUK盤もあり。でも正方形の方がキレイ。
B001BDLVHQDivinidylle Tour
Vanessa Paradis
Barclay 2008-09-16

by G-Tools

次のはアールヌーヴォーとはちょっと違うかも。
B001CCHIZUオード・トゥ・ジェイ・スミス
トラヴィス
Hostess Entertainment 2008-09-24

by G-Tools

ドイツっぽい。というか、以前見に行ったドイツポスター展のチラシを思い出した。
関連記事

テーマ : アート・デザイン - ジャンル : 学問・文化・芸術

Edit |  20:04 |  ミュシャもどき  |  TB(0)  |  CM(0)   このページの上へ

Comment

コメントを投稿する


管理者だけに表示

このページの上へ

Trackback

この記事のトラックバックURL

この記事へのトラックバック

 | HOME | 
アクセス解析
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。