2017年08月 / 07月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫09月

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Edit |  --:-- |  スポンサー広告   このページの上へ

2009'04.26 (Sun)

杉本さんに騙されて(嘘)

先週、杉本博司の展覧会に行った後、ネットでこんな記事を発見。U2のアルバムカバーに杉本氏の写真が使われてる?へーそうなんだ、と思ってたら、タワレコで実物を発見。
B001O5W6CANo Line on the Horizon(MAGAZINE VERSION)
U2
Universal-Island 2009-03-03

by G-Tools

なんとこのアルバム、4バージョンもあるようで。通常盤とデジパック仕様とマガジン版とBOX版。さらに日本盤(通常盤)はボートラつきだし、ボートラが入ってない日本盤BOXセットというのもあったりする。ついでに言うとLP(アナログ盤)もあるらしい。US盤、日本盤以外にも他の国の仕様とかもあったりするのかなー。ファンはどれを買うのかなー。
私はU2のファンでもなんでもないし買うつもりなんてなかったんだけど、マガジン版の実物が置いてあるのを見て妙な衝動に駆られて買ってしまった…。BOX版にもBOOKはついてくるみたいだけどDVDもついて値段も倍以上するんでやめた。店員さんに実物見せてもらったらかなりでっかい箱だったし…。マガジン版とBOX版はほぼA4サイズで、通常盤とデジパックは一般的なCDサイズ。BOX版は厚みが5cmくらいあったんじゃないかなあ。マガジン版は1cmもないくらい。
ちなみに茶屋町のタワレコには違いが詳しく説明された表が貼ってあったんだけど、ここにも書いてみる。

輸入盤通常盤:CDのみ
輸入盤デジパック仕様:CD+ブックレット+折込ポスター
輸入盤マガジン版:CD+マガジン(上記ブックレットとは内容が違うのかな?)
輸入盤BOX版:デジパックCD+ブックレット+ハードカバーBOOK(たぶん上のマガジンと内容は一緒?)+ポスター+DVD
日本盤通常盤:CDのみ(ボーナストラックつき)
日本盤BOXセット:ボーナストラックなしでたぶん輸入盤と内容は同じ

上で書いたようにファンじゃないのでDVDは別にいらんしなーと思ったり。それに通常盤以外を買えばネットでそのビデオにアクセスする権利がついてくるらしいし。買うとしたらマガジン版かBOXセットだよなーと悩みつつ、ポスターはたぶん杉本氏は関係ないだろうし、ブックレットが気になるところだけどこれもたぶん杉本氏は関係ないだろうし、マガジンとハードカバーBOOKのページ数や大きさが同じところから内容は同じだろうと判断して、BOXセットを買うまでもないだろうと決断。
さっそくマガジンを開いてみた。杉本氏の写真は表紙と、中央部に折込で入ってるのと、2枚でした。クレジットは苗字だけなのね。シンプルにSugimotoとだけ書いてあった。他にもメンバーの写真とかいろいろあったけど、それは別の人が撮影してるらしい。杉本氏のインタビューでも既存の写真を使わせてあげただけでそれ以外のアートワークには関わってないっぽかったし。でも中身のレコーディングには口出ししてたみたいなこと書いてたっけ。ちゃんとCDも聞かないとー。こんなこと書いてたらU2ファンに怒られそうだな。
CDは本の中にすべりこませてあって、CDケースとかブックレットはついてないです。
ちなみにマガジン版の見た目はアマゾンだとなぜか写真部分の拡大になってるけど(上に載せたやつ)実際はボックスセットと似たような体裁です。真ん中に入ってる横線はボックスのふたの切れ目。
B001P9KVCWノー・ライン・オン・ザ・ホライゾン-Box Edition(DVD付)
U2
UNIVERSAL INTERNATIONAL(P)(M) 2009-03-18

by G-Tools

あらためて、ちょこっと調べてみるとHMVに各仕様の詳細が書いてあるね。
これを読むとBOX版にはデジパックとは別のポスターが付いてくるみたい?通常盤のブックレットってデジパックのとは違うのかな?
関連記事

テーマ : アート・デザイン - ジャンル : 学問・文化・芸術

Edit |  16:50 |  アート  |  TB(0)  |  CM(0)   このページの上へ

Comment

コメントを投稿する


管理者だけに表示

このページの上へ

Trackback

この記事のトラックバックURL

この記事へのトラックバック

 | HOME | 
アクセス解析
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。