2017年07月 / 06月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫08月

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Edit |  --:-- |  スポンサー広告   このページの上へ

2009'05.31 (Sun)

20世紀のはじまり~ピカソとクレーの生きた時代

兵庫県立美術館で今日まで開催していた「ピカソとクレーの生きた時代」展に行ってきた。
色んなところでポスターを見かけつつも、別に行かなくてもいいかなーと思ってたんだけど、急にどこかへ出かけたくなったので行くことにした。
正直、ピカソとクレーは割とどうでもよくて、それ以外で何か新しい発見でもあればと思って行ってみたわけですが。一番印象に残ったのは最後にあったカンディンスキーかな。よくわかんないけど好きだ。
あとはシュルレアリスムコーナーが面白かったかな。あとは、えーと、あんまりよく憶えてないけどいいなと思った絵は幾つかあった。クレーは意外とたくさんあったけど、人が多くて最後の方は遠くから眺めて終わり。作品ごとに絵の横に短い説明文があって、読んでるとそれなりに楽しいんだけど、近寄るのに時間がかかるんだもん…。全体の作品数が少ないので混んでてもそれほど大変ではないんだけど、展示順序の一番最後だったからもう気力が残ってなかった。
それより常設展示が面白かった。風景画特集として色んな風景に関する作品が並んでた。普通の風景画もあるし、タイトルに「風景」という言葉が入ってるものとか、写真作品とか。展示の仕方やコンセプトのまとめ方が面白くて、なるほどねーと思いながら見てた。あまり技法のことに詳しくないんだけど説得力のある画面を作るには技術がいるんだろうなーと思ったり、発想の面白さにへえと思ったり。ここの常設展示は企画展示よりボリュームがありそうなくらい充実してるので、企画展目当てで来てもこっちの方を楽しんで帰ってることが多いような…。
あと、図書室で本棚を眺めてるのが楽しかった。一通り眺め終わって、気になった本を少しだけ読んできた。藤島武二の「芸術のエスプリ」って本。これいいなー。また次に来たときに続きを読めるといいんだけど。次回展が面白そうだし次の常設展示も面白そうなので、そのタイミングに合わせて行こうっと。
その後、売店でミュシャ消しゴムを見つけた。3個入り。
090531_222028.jpg
このところのインフルエンザ騒ぎで美術館もいろいろ大変みたいで、一時期休館してたのかな?そのおかげなのか、本来なら6時で閉館なのが今日は8時まで開いてた。おかげでゆっくりできてよかった。
関連記事

テーマ : 美術館・博物館 展示めぐり。 - ジャンル : 学問・文化・芸術

Edit |  22:50 |  アート  |  TB(0)  |  CM(0)   このページの上へ

Comment

コメントを投稿する


管理者だけに表示

このページの上へ

Trackback

この記事のトラックバックURL

この記事へのトラックバック

 | HOME | 
アクセス解析
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。