2017年04月 / 03月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫05月

2009'12.13 (Sun)

桜島と鹿児島ゆかりの画家たち展

尼崎市総合文化センターで開催していた「桜島と鹿児島ゆかりの画家たち展」に行ってきた。最近よくやる会期末ぎりぎりに駆け込みというのをまたやってしまった…
鹿児島といえば藤島武二よね!というそれだけの理由でいそいそと尼崎まで行ったわけですが、2点展示されてました。どっちもたぶん見たことないやつかなあ。代表作というには微妙な作品だけど、決して悪い作品じゃないし、風景画の方は綺麗だった。
展示のメインは桜島!ただただひたすら桜島!どんだけあんねんってくらい桜島だらけだった。鹿児島の人にとって桜島ってどんな存在なんだろうなあ。
黒田清輝が桜島の大噴火を目撃して記録がてらに描いた作品は、おもしろかったけど額縁がやたら豪華すぎてなんだかアンバランスだなーと思った。もっとシンプルな額縁でいいんじゃないだろうか…。
桜島だらけだったのでどれが誰の作品だったのかリストを見てもわけがわからないんだけど、加山又造のはよかったなあ。あと、抽象画で大沢昌助って人だったかな?それがおもしろかったのと、高島屋でデザインの仕事をしていたとかいう人のがよかった。月明かりの桜島もよかったな。
桜島とは関係なく、鹿児島ゆかりの画家たちの作品も展示されてた。そこに藤島武二があったわけですが、「少女」と「鳥羽の日の出」。どっちも比較的晩年に近い作品。少女は武二らしい雰囲気のある絵だった。日の出の絵はいいねー。昔は武二の風景画にはあんまり興味がなかったけど、最近はこの辺の絵も好き。
武二以外は…西郷隆盛の肖像画が目玉なのか?これを目当てに来たらしいおばちゃんが絵の前でなにやら熱心に話しておられました。橋口五葉の油彩がおもしろかったな。この人の絵ってそういえば版画以外よく知らないかも。
ここの展示ホールは2フロアあるんだけど、今回は1フロアのみ使用だったので割とこじんまりとした展示だったかも。売店で過去の図録とかが売ってたんだけど、幕末・明治の変な写真のカタログがおもしろかったのでつい買ってしまった。本展に関連するものとして、鹿児島市立美術館作成のブックレットで黒田と武二と和田英作についてまとめたものがあったので購入。内容的には特に新しいものがあるわけじゃないけど、今回展示されてた作品の図版も載ってるし、武二ファンとしては買っとかないとね。
関連記事

テーマ : 美術館・博物館 展示めぐり。 - ジャンル : 学問・文化・芸術

Edit |  22:08 |  アート  |  TB(0)  |  CM(0)   このページの上へ

Comment

コメントを投稿する


管理者だけに表示

このページの上へ

Trackback

この記事のトラックバックURL

この記事へのトラックバック

 | HOME | 
アクセス解析