2017年10月 / 09月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫11月

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Edit |  --:-- |  スポンサー広告   このページの上へ

2010'02.18 (Thu)

ジャケ買いでアールヌーヴォーリバイバル

アールヌーヴォーリバイバルといえば60年代サイケ!アシッドフォーク!プログレ!前回はこれを書きたかったはずなのに何故か脱線してしまった。折を見て書こうと思いつつ放置してたジャケ買いメモ、ブログにどこまで書いたっけ?書こうと思ってるそばから増えてってるし…(だからなかなか書き終わらない)
気に入るデザインは1960年代末から1970年代前半が圧倒的に多いんだけど、この時代、様々な歌手やバンドが現れては消えていき、アルバム1枚か2枚しか出してない人も多い。マニアはそれなりにいるみたいだけどやっぱりマイナーなのでCD化されてたとしても限定生産でリイシューされて廃盤になることも多いみたい。レコードになるとさらにコレクター価格になっちゃうこともあるみたいだし扱いも面倒だし、ぬるいファンとしてはCDがメインターゲットです。
まったくどんな人かも知らずに買う場合もあれば、知ってる人と繋がりがあるらしいという情報を元に関連買い(芋づる式とも言う)することもある。最初は単にジャケ目当てだったけど聴いてみたら結構おもしろいなーと思うことが多くて、たまーに外れもあるけど大概は気に入ってるのでジャケ買いはやめられない。ただ世評がそれなりでもジャケがイマイチだとなかなか手が出ないという問題点もあったり(何かが間違ってるような…)。メジャーすぎると後回しにしてしまったりとか。そういうのはネタ切れになった頃に手を出せばいいかなーなんて。
とりあえずアールヌーヴォーリバイバルから始まったネタなのでそれらしいデザインを並べてみますか。最近はそうでもないデザインでもジャケ買いしちゃってるから、そういうものは別途。
一応アマゾンへのリンクを貼ってるけど、アマゾンでも品切れ状態だったりするものが多いです。あくまでジャケ画像確認のためということで…。中には輸入盤だったりリイシューで入手可能になってるものもあるかも知れないので、万が一欲しいかも!なんて思っちゃった人は根気よく探しましょう。

B000GALE1Sザ・ファイヴ・サウザンド・スピリッツ(紙ジャケット仕様)
ジ・インクレディブル・ストリング・バンド
ストレンジ・デイズ・レコード 2006-08-23

by G-Tools

タワレコ店内にアシッドフォークのミニコーナーがあって、そこに立てかけてあった本の表紙がこれだった。怪しすぎて一目ぼれ。本は中身が見れない状態だったのでまずはこのレコードの正体を突き止めないと…と思って調べてみたらCD化はされてるけど紙ジャケは既に廃盤、輸入盤ならまだ流通してることがわかった。どうしたもんかなーと思ってたところ、廃盤CD市で発見。新古品で定価よりちょい安くらいだったので即購入。デザインはThe Foolの人なんだ。そう言われて見ればテイストが同じかも。内容は見た目の通り風変わり。変わった楽器がいろいろと出てくる。
B000AKAYM4スターゲイザー(紙ジャケット仕様)
シェラ・マクドナルド
Webkoo 2005-08-30

by G-Tools

同じく廃盤CD市で発見。他にもポップアートみたいなのとか可愛いのが色々あったけど、手当たり次第にやってるときりがないので厳選した結果これを購入。タイトルもかわいいし。最近買うCDは男ボーカル率が高いのでたまには女の子もねってことで。声質はちょっとSandy Dennyに似てるけどもう少し軽いかな?たぶんフォークの範疇だと思うけどちょっとプログレっぽく壮大な曲もあったり。
B00000JIL0Beautiful People: The Greatest Hits of Melanie
Melanie
Buddha 1999-07-13

by G-Tools

これまた女の子。ベスト盤なのでオリジナルアルバムのジャケデザインではない(と思う)けどまあそういうのもありかなと。中身はフォークっぽいポップ?ゴスペル風に盛り上がる曲もあったり。歌い方は結構力強い。Summer of Loveという曲がなんだか時代を感じさせて好きかも。
B000FJHWF2ウィル・マローン
ウィル・マローン
インディーズ・メーカー 2006-04-26

by G-Tools

ジャケは怪しさ満点。裏面はなんとなく象徴主義風?曲リストを見てI Could Write A Bookという曲が気になったのと(あの曲か?違うかも?結局違った)裏面に書かれた解説かなにかよくわからない哲学的な文章がおもしろそうだったので。中身はジャケから連想する怪しさはないけどいい感じ。アシッドフォークの範疇に入るのかな?ときどきサイケ風な妙な効果音が入ったりする。他にもバンド活動やら色々してた人らしいけど、全然知らない。
B002PF7SOYジンジャーブレッド(直輸入盤・帯・ライナー付き)
モーリー・ミューライゼン
OVERALL MUSIC (原盤:US/MAURY MUEHLEISEN) 2009-10-24

by G-Tools

アールヌーヴォーとはちょっと違う気がするけど文字のデザインがちょっとそれっぽいし、ぱっと見たイメージがサイケに繋がってるかなーと。視聴してみたらよかったし。中身はフォーク。この手の惹かれるデザインはイギリスが多いんだけど、これはアメリカらしい。ジム・クロウチという人と一緒にプレイしてて成功を掴んだ矢先に事故で夭逝してしまったらしい。綺麗な声でギターも心地よい。今度はジムクロウチにも手を出してみようかなと考え中。
B001DEKI8Gアライヴ・アンド・ウェル・イン・アルゼンティーナ(紙ジャケット仕様)
ザル・ヤノフスキー
BMG JAPAN 2008-12-24

by G-Tools

この人個人は全く名前も聞いたことなかったけど、この人がいたLovin' Spoonfulというグループの名前とDay Dreamという曲は知ってた。ユダヤ版リンゴスターというよくわからないキャッチフレーズにやられた。これもジャケはどストライクじゃなかったけどなんか怪しげな雰囲気あるよね。怪しいポップス。
B00006IQGMBlades of Grass Are Not for Smoking
Blades Of Grass
Rev-Ola 2002-12-03

by G-Tools

なんとなくロゴがそれっぽいだけ。試聴機に入っててJust Ahという曲にやられた。ソフトサイケとでも言うのだろうか。ポップなんだけどなんとなーく妙なところがあるような。こういうのなんていうんだっけ?男性コーラスグループなんだけど、ビーチボーイズとかに近い?(サーフィン系ではなくて)
この辺りからだんだんミュシャ的アールヌーヴォーなテイストからは離れていく…
B001P5Q6MA25 O'Clock
The Dukes of Stratosphear
Weatherbox 2009-04-14

by G-Tools

派手なジャケだなー。サイケっぽい色使い。時代は他に比べると新しく、1980年代。XTCのメンバーがThe Dukes Of Stratosphearというバンド名で発表したもので、60年代サイケへのオマージュらしい。XTCといえば1990年ごろに流行ったThe Disappointedという曲が好きだった。
B00267L6TYサージェント・ペパーズ・ロンリー・ハーツ・クラブ・バンド
ザ・ビートルズ
EMIミュージックジャパン 2009-09-09

by G-Tools

ビートルズといえば曲は好きだけどバンドとしてはあまり興味がなかったりする。このアルバムに影響を受けてどうのこうのって話をよく聞くし、ジャケ的にどれかひとつ選ぶならこれかなーということでリマスターを機に手を出してみた。でも肝心の曲のよさ的にはこのアルバムじゃない方がよかったかも。そういえばリボルバーのジャケがアールヌーヴォーリバイバルの本に載ってたけど、私のセンスでは微妙に違うような。
B000VTHZF8THE MAUREENY WISHFULL / ザ・マウリニー・ウイッシュフル
ジョン・ウィリアムス
VINYL JAPAN 2007-09-30

by G-Tools

ジャケがなんとなく気になって手に取ったら帯にJimmy Pageがどうのこうのとあって、なんとなく買ってみたもの。内容はフォーク。解説を読むとなんとも怪しげな出自のレコード。さっきリボルバーは違うかも…と言ったけどよく考えてみると同系列かも?(あくまでジャケ的に)
B00267L6TOリボルバー
ザ・ビートルズ
EMIミュージックジャパン 2009-09-09

by G-Tools

これは買ってないけど参考までに。
関連記事

テーマ : アート・デザイン - ジャンル : 学問・文化・芸術

Edit |  21:21 |  ミュシャもどき  |  TB(0)  |  CM(0)   このページの上へ

Comment

コメントを投稿する


管理者だけに表示

このページの上へ

Trackback

この記事のトラックバックURL

この記事へのトラックバック

 | HOME | 
アクセス解析
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。