2017年06月 / 05月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫07月

2010'02.21 (Sun)

ジャケ買いアールヌーヴォーリバイバル脱線編

前回に引き続き、最近のジャケ買いのまとめ。ミュシャ的アールヌーヴォーなデザインからはどんどんかけ離れていくような気がするけど、なんとなくそういう匂いがする(私が勝手に判定)アートっぽいデザインが面白いものをいろいろと。やっぱり1960~70年代が多い。ジャケに注目して手に取ってみたら、同じような理由で最近知った人と繋がりがあったりするから面白い。
B000068VD5Ernie Graham
Ernie Graham
Hux Records 2004-02-17

by G-Tools

タワレコ店内徘徊中にふと目に入ったもの。額縁みたいな装飾枠がアールヌーヴォー風と言えなくもないけどかなり苦しい。葉っぱの合間にところどころ見える人の顔がなんだか妙に可愛らしくて思わず衝動買い。まったくどこの誰だか知らなかったんだけど、ネットで調べてみるとパブロックというジャンルらしい。フォークっぽいけどもう少しリズムが効いてる感じなのかなー。アイルランドだからパブなのか?激しい感じはなくて全体的に穏やか。輸入盤で何の説明も書いてなくていつ頃の作品かも知らずに買ったんだけど、どうやら1971年らしい。やっぱり好みのジャケってその頃のが多いなー。そして内容にも外れが少ない。これも気に入った。
B001PBQKPMピンク・ムーン
ニック・ドレイク
USMジャパン 2009-03-04

by G-Tools

シュルレアリスムだ。店頭で見かけて面白いジャケだなと思ったけどすぐには買わず。その時点で名前を聞くのは初めてだった。ちょっと調べてみてFairport Conventionと繋がりがあるらしいとか若くして亡くなったとか色々知識を仕入れて、とりあえずひとつ買ってみた(Fairport~については前にちょこっと書いた気がするけど、Liege & LeifとSandy DennyのOld Fashioned Waltzを手に入れた)。実際にうつ病だったとかこの後すぐに亡くなったとかって話を知ってるとバイアスかかった感想になっちゃうんだけど。なんとなく静かな気持ちになる。
B002MBSZ8Eリザード デビュー40周年記念エディション(紙ジャケット仕様)
キング・クリムゾン
WHDエンタテインメント 2009-11-18

by G-Tools

ケルトなデザイン。King Crimsonの名前は一応知ってたけど音楽がぱっと思い浮かぶほどではない。メロトロン聴きたさに買った。DVDオーディオとか最新リマスターとか書いてあるけど私に違いが分かるかどうかは不明。それなのに無意味に豪華バージョンを買ってしまった…。
B002AV4HBAトゥー・サンズ
バット・フォー・ラッシェズ
Pヴァイン・レコード 2010-01-06

by G-Tools

古いものばっかじゃアレなので最近のも。タワレコで目立つところに置いてあってジャケデザインが可愛かったので視聴してみて面白そうだったので購入。イギリスでは話題の人らしい。バンドみたいな名前だけど個人プロジェクトらしい。ビョーク好きにお勧めらしい。ここまでくるとアールヌーヴォーとは全然違う気もするな…。
B00001X590With a Little Help from My Friends
Joe Cocker
IMS 1999-10-05

by G-Tools

ここで突然方向性の違うものが…。濃い。濃すぎる。Joe Cockerのことは1980年代に愛と青春の旅立ちがヒットした以降を少し知ってるくらいだったけど、Leon Russell繋がりで初期作品を幾つか聴いてみて、この濃さがいいよね~とすっかりお気に入りに。(Leon Russellについてはたぶん以前このブログに書いたことがあると思う)ここで取り上げた理由はケースの中身がちょっとポップアート風なので。
090802_234146.jpg
B000AQBATOClear Blue Sky
Clear Blue Sky
Universal/Polygram 2006-06-22

by G-Tools

デザイン的にはそこまで直球ストライクじゃなかったんだけどなぜか妙に惹かれてしまった。以前衝動買いして気に入ったStill Lifeと同じVertigoレーベルの再発シリーズだったし、裏面に簡単な説明があって若いメンバーによる作品というのも面白そうかなーと思って。でもそれ以外の予備知識はゼロ。ボーカル率が低い。ちょっとジャズっぽいロック。こういうSF近未来ファンタジー風?なデザインもこの時代によく見られる傾向のような。こっち方面に走り始めるときりがないので程ほどにしておこう。
B000005IU0Happy Sad
Tim Buckley
Elektra/ADA 1989-07-10

by G-Tools

今ではJeff Buckleyの父として有名?以前MOJOという洋雑誌の1968年特集号を読んでたらこのジャケが載ってて妙に印象に残って、名前を見てもしかしてJeff Buckleyの父親?と思ったら当たり。Jeffのことも2~3年前に知ったくらいでさほど詳しくはないんだけどライブ音源集を1つだけ持ってる。Timにも興味があったので、タワレコで見つけてしばらくしてから購入。この表情とタイトルが意味深。なんとも雰囲気のある歌い方をする人だなー。父子とも夭逝してるのは残念。
B002K2HK2CSongs of David Lewis
David Lewis
Riverman Music 2009-12-08

by G-Tools

デザイン的には普通だけど流れ的にこれも入れておく。よく行くタワレコのお気に入り試聴コーナーに置いてあった。まーったくどんな人かも知らないけど、試聴したらよかったので購入。宣伝POPにはプライベートで作ったアルバムで当時50枚くらいしかプレスしなかったとか書いてあった。CDは韓国製でブックレットの解説がハングルだから読めないのが悲しい。細かいことはさておき内容はいいです。フォーク。
B001PA7OF8Love & Poetry (Reis)
Andwella's Dream
Sunbeam Records 2009-04-14

by G-Tools

上記David Lewisが気に入ったので彼が所属していたバンドAndwellaについて調べてみたら、Love & Poetryのジャケが目に入った。欲しい!欲しすぎる…、でもアマゾンはマケプレにしかない…と思ってたらタワレコで発見。これはいっとかないとダメでしょ。ってことで購入。しかしますます私の趣味もよくわからなくなってきたな。でもほら、一応レタリングがちょっとアールヌーヴォーっぽいし!それにDavid Lewisを知らなかったらこのジャケに惹かれてたかどうかは怪しいので、ただ奇抜だったらいいというわけではない…つもり。こんなジャケだけど、内容はしんみりとしたギターから始まる。少し変わった音もあったりするけど意外とポップ?
関連記事

テーマ : アート・デザイン - ジャンル : 学問・文化・芸術

Edit |  20:45 |  ミュシャもどき  |  TB(0)  |  CM(2)   このページの上へ

Comment

 | 2012年08月17日(金) 17:13 | URL | コメント編集

●情報ありがとうございます。

バロネスのジャケ、ミュシャっぽいですよね。
ちょっとグロ寄りですが、センスは割と好きです。
(CDは持ってませんけど)
そういえば先日バロネスの皆さんが自動車事故にあわれたそうで…
一命は取りとめたようですが、大怪我を負ったみたいで、
部外者ながらも心配しています。
Ira | 2012年08月26日(日) 13:15 | URL | コメント編集

コメントを投稿する


管理者だけに表示

このページの上へ

Trackback

この記事のトラックバックURL

この記事へのトラックバック

 | HOME | 
アクセス解析