2017年07月 / 06月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫08月

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Edit |  --:-- |  スポンサー広告   このページの上へ

2010'03.23 (Tue)

ミュシャ生誕150年記念展の詳細

(2010年5月追記:巡回先情報をアップデートしてます。)

4月から岩手県立美術館を皮切りに全国数箇所を巡回する予定のミュシャ展ですが、詳細が出てきました。
岩手県立美術館によると、概略はこんな感じ。

今回は、日本で最も多くのミュシャ作品を所蔵する堺市の所蔵品の他、チェコ国内およびフランスの美術館からも作品を借用して展示します。
作品も初期の油彩、水彩から、華麗な代表作やポスター作品などに加え、晩年のチェコにおける作品まで、日本初公開作品を含むミュシャの全貌を俯瞰できる展覧会です。草花に囲まれ、美しい衣装に身を包んで佇む女性たちの姿は、女性美の極みの一つと言えるでしょう。世紀末パリに花開き、祖国チェコをこよなく愛した画家ミュシャの作品世界をお楽しみください。

堺市文化振興財団には以下のような情報が。

さらに、本年は、ミュシャが1860年にチェコで誕生して150年目にあたります。 これを記念して、4月から1年3ヶ月の間、堺市の代表的な所蔵品の数々が、 全国7都市を巡回することとなりました。本国チェコのプラハ国立美術館をはじめ、フランスのオルセー美術館やカルナヴァレ美術館などの貴重な所蔵品もあわせて公開される予定です(会場・会期によって異なります)。

巡回先は全国7箇所。私が把握している範囲のスケジュールは以下の通り(過去記事
4/10~5/16 岩手県立美術館
5/22~7 /4 三鷹市美術ギャラリー
7/17~8/29 北九州市立美術館
9/18~11/7 高崎市美術館
2011年 大阪、いわき、金沢(時期や会場等の詳細不明)

チェコとフランスから来る作品がどんなのかが気になる…。日本初公開作品ってなんだろう。あー気になる気になる。でも大阪にやって来るのは来年なんだよねえ。それまで待てるか!
岩手は遠すぎる…。もし行けるとしたら次の三鷹かなあ。片道4時間くらいかかるけど日帰りは可能だ。いや、無理して日帰りにしなくてもいいんだけど(笑)。北九州と高崎も三鷹と大して変わらない距離(時間&予算)だけど時期を考えたら三鷹が一番リーズナブルかも。
堺の所蔵品なら見たことあるもの多いから遠出しなくてもいいんだけど、チェコとフランスから持ってくるもの次第では三鷹遠征も考えたいな。ってことで岩手の展覧会を見に行く予定の人は是非是非詳細を教えてください!誰かブログにでも事細かいレポを書いてくれるといいんだけど。他に抱き合わせで見たい展覧会でもあれば泊りがけでもいいんだけど、同じ時期に何かあるかな?いつも遠出するときって強行軍だったり行き当たりばったりだったり適当なスケジュールで行くことが多いんだけど、たまには余裕を持ってゆっくりぶらぶらするのもいいかなー。
そういえばオルセー美術館展があったよなーと思って時期を調べてみたらどんぴしゃり!おお、これと抱き合わせにしたらいいかも。この展覧会はかなり行ってみたいと思ってて、でも東京だけで関西には巡回してこないみたいだからどうしようかなーと思ってたんだよね。ボストン美術館展もあったっけなあ。会期は一部かぶってるから一緒に行ってもいいけどこれは関西でもやるしわざわざ東京で見なくてもいいか。
などと頭の中であれこれプランを考えてみてるけど、どうなることやら。行くとしたら5月末か6月前半くらいかなー、早めに行った方がすいてるかなー、平日の方が無難かなー、などなど妄想は止まらない。
関連記事

テーマ : 展示会、イベントの情報 - ジャンル : 学問・文化・芸術

Edit |  23:34 |  ミュシャ一般  |  TB(0)  |  CM(7)   このページの上へ

Comment

●岩手より

通りすがりのものです。
岩手のミュシャ展、今日行ってきました。知識ないまま、行ってしまったので情報提供できるかわからないのですが…とりあえず大々的に日本初公開とは説明なかった気がします。ただ海外所属作品は多いです。プラハ市長会館ホールの原画12点は圧巻でした。参考になればm(_ _)m
岸田 | 2010年04月14日(水) 22:31 | URL | コメント編集

●ありがとうございます!

>岸田さん
はじめまして。情報ありがとうございます!
そうですかー、大々的に初公開とうたってるものはないのですね。
でも海外作品がけっこう多いという話はうれしいです。
行くとしても岩手以外の会場になると思いますが、展覧会に行くのが楽しみになりました♪
Ira | 2010年04月14日(水) 22:45 | URL | コメント編集

●何度もすみません

お返事有難うございました!
今日付けの地元紙(岩手日報)夕刊で、特集記事があり、初公開作品は3点だと判明しました。作品名が出ていたのはオルセー美術館の「記念像のプラン」だけでしたが…。
海外所蔵作品、岩手は75点みたいです。
岸田 | 2010年04月15日(木) 20:30 | URL | コメント編集

●図録

Iraさん、こんにちは。
やっぱり待ってられなくて、図録を通販で岩手美術館から取り寄せました。

今回の図録、素敵です。表示は白地にブロンドの図柄、金でタイトルが書かれています。
厚みもあり贅沢な作りです。2300円でした。

ついでにグッズの一覧表やA4のチラシ(夢想)も一緒に送っていただきました。

気になる初公開ものは自分の記憶は定かではありませんが
下書きや素描含めけっこうあったと思います。

マニアでも結構満足できる展覧会のような気がします。
私は東京で見ようと思います。

では!
シュレーゼル | 2010年04月16日(金) 22:49 | URL | コメント編集

●期待が高まります

>岸田さん
またまた情報ありがとうございます!
地元紙で特集っていいですね(^^)
なるほど、日本初公開は3点だけなんですね。
オルセー美術館の記念像のプランですか。
ってことは他も油彩とか大物系ではなく、スケッチ的な作品ってことなのかな…
海外作品が75点ですか。結構多いですね。

>シュレーゼルさん
こんにちは!情報ありがとうございます。
図録は私も気になってたんですよ~。
マニアでも楽しめそうですか(笑)それはいいことを聞きました。
私も大阪まで待てそうにないので東京遠征を本気で考えようと思います(^^;)
Ira | 2010年04月16日(金) 23:43 | URL | コメント編集

●三鷹初日

昨日、ミュシャ展初日の三鷹市美術ギャラリーに行ってきました。
初日でしたが、音声ガイドを聞きながらゆっくり見て回れるぐらいの、程よい混雑具合で、傍でじっくり眺めることができました。
展覧会の案内チラシがモエのメニュー表になっていて、本来メニューが書かれるところに、今回の展覧会のあらましなどが載っていました。思わず二枚もらってきてしまいました。
図録も購入しましたが、家に帰ってみていたら、展示会場には飾ってなかったと思われる絵があったように感じたのですが、気のせいでしょうか?少なくとも装飾画集は図録のほうが紹介されている点数が確実に多かったです。
ギャラリー自体が小さめだからでしょうか?
グッズは堺市のものとドイコレクション(スタンプに確かにドイと書かれてました)のとこのと、いろいろ持ってきて販売していると、お店の方が言っていました。
展覧会独自のものとしては、ジズモンダともう一点別の絵のレターセット、ゾディアックとツタのグリーティングカード、ツタと別の絵のメモパッド、あとたぶん眼鏡ふきもオリジナルだと思います。絵が入った眼鏡ふきって珍しいと思ったのですが、なんか使うのが忍びないですね。
シンブル | 2010年05月23日(日) 17:48 | URL | コメント編集

●ありがとうございます!

>シンブルさん
三鷹レポありがとうございます!
堺のリトグラフって状態が悪いものも多いですし、今回は長丁場ですから、
会場によって展示内容を多少変えてるってのはあるかもしれませんね。

グッズはそんな感じなんですねー。今回、堺の所蔵品中心って聞いた時点で
展覧会オリジナルグッズについてはさほど期待してなかったんですが、眼鏡ふきは気になります。
人前でさりげなーく取り出してミュシャをアピール…無理かな?(^^;)
Ira | 2010年05月24日(月) 22:46 | URL | コメント編集

コメントを投稿する


管理者だけに表示

このページの上へ

Trackback

この記事のトラックバックURL

この記事へのトラックバック

 | HOME | 
アクセス解析
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。