2017年06月 / 05月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫07月

2010'04.12 (Mon)

アールヌーヴォーな小物たち

最近ブログの更新が滞ってるのは出不精になってるせいです。休日はすっかり夜型生活で美術館の閉館時間に間に合わない…。おかげでネタもなくて書くことがないと。困ったもんだ。ということで無理やりネタをひねり出してみた。
こちら、先週某所でやっていたフランスフェアで見つけたもの。ギマールの地下鉄の入口なピンバッジ(ピンズ)。
100412_222445.jpg
時間があまりなくて詳しくは聞かなかったんだけど、置いてるのは古くてもだいたい20~30年くらい前のものって言ってたかな?特にビンテージって程古い感じはない。だからアールヌーヴォーっぽいもの目当てで何か探そうというのには向いてないのかもしれないけど、だったらアートっぽいものは?という視点で色々見てきた。ゴッホの絵とかピカソとかモネだかルノワールだかの絵を使ったものがあったかなー。あとパリ名物ってことでエッフェル塔とかムーランルージュとかTGVとかが目に付いた。ピンバッジコレクターとかもいるんだろうけど門外漢なので見るポイントとかはよくわからず、適当に眺めて結局このギマールだけ購入。写真の腕が悪いのでわかりにくいけどちゃんとMetroって書いてあったり細かい部分までよくできてます。
ピンバッジで思い出したのがみだれ髪ネクタイピン。堺のミュシャ館&与謝野晶子文芸館で売っていたもの。
100412_222856.jpg
買ったのは1年位前かな?つくりはちゃっちいけど藤島武二デザインだし~。値段もそれ相応でかなりお手ごろ。もっとしっかりしたつくりのがあってもいいんだけどな。まあこれはこれで気軽に使えるからいいかと。もちろんネクタイなんてしないので適当にピンバッジ的に使うつもりで購入。
4101170215みだれ髪 (新潮文庫)
新潮社 1999-12

by G-Tools

ピンといえばこんなブローチをむかーし買ってたなー。なんとなくミュシャっぽいかなと思って。
100412_222539.jpg
普通に雑貨屋で売ってたブローチで特にどうってことないデザインだけどバッグとかにつけたらかわいい。
もう少し本格的なアンティークのブローチも持ってる。
100412_222620.jpg
これは半年くらい前かな?世田谷のオルセーのアールヌーヴォー展に行ったときに売店で購入。展覧会のグッズ売り場だったけど物はちゃんとしてます。一応アンティークジュエリーは過去に何度か見てるのでまったくのパチモンかどうかくらいの見分けは付く。1880年頃のイギリス製らしい。デザイン的にはアールヌーヴォーテイストだしお値段的にもお手ごろだったし(あくまで私基準)使いやすいところが気に入ってる。
関連記事

テーマ : アート・デザイン - ジャンル : 学問・文化・芸術

Edit |  22:57 |  ミュシャもどき  |  TB(0)  |  CM(2)   このページの上へ

Comment

●ぜひ盛岡に!

こんばんは。ミュシャについてお勉強しようとしたら、こちらにぶち当たりました。
わたくし5/2岩手の美術館でのミュシャ展で、スメタナのカルテット「我が生涯より」を演奏する者でございます。

各美術館が趣向を凝らしての催しもの、岩手では5/2 18時から一時間ほどクラシックコンサートと抱き合わせになっています。
このスメタナのカルテットは、技量的に難易度が高すぎて、プレーヤーは死ぬまでに一度は弾いてみたいと言い、企画する側はたいてい断られる曲です。が、ボヘミアの薫りのする素敵な曲で、生で聴けるのはなかなか珍しいことなのです。ぜひいらっしゃいませんか?
オガワ | 2010年04月21日(水) 23:22 | URL | コメント編集

●行きたい気持ちはやまやまですが

>オガワさん
こんにちは!コメントありがとうございます。
スメタナの曲を演奏されるのですか。素敵ですね~。
盛岡…もう少し近かったら行きたいところなのですが、関西からはちょっと遠くて厳しいです…
演奏がんばってくださいね♪
Ira | 2010年04月23日(金) 01:56 | URL | コメント編集

コメントを投稿する


管理者だけに表示

このページの上へ

Trackback

この記事のトラックバックURL

この記事へのトラックバック

 | HOME | 
アクセス解析