2017年03月 / 12月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫01月

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Edit |  --:-- |  スポンサー広告   このページの上へ

2010'08.01 (Sun)

印象派とモダンアート

サントリーミュージアム天保山で開催中の「印象派とモダンアート」展を見に行った。行った日(土曜日)は朝から用事で外出してて、昼過ぎに用事が終わったけどまっすぐ家に帰るのも勿体無いしどうしようかなーと思って、その時間から行けそうな場所は…と考えたときに天保山なら遅くまで開いてるからという理由で選択。5時や6時で閉まっちゃう美術館に行くには遅かった。
行ってから気づいたんだけど翌日(8/1)に館長さんの講演会があったんだ!一日違いかー。
サントリーミュージアム天保山の休館が近づいてきて(まだ数ヶ月あるけど)行いっとかないとなーという気持ちもあったから行ったんだけど、展覧会の内容自体は絶対行かなくちゃ!というほどでも…。実際人も少なかったし(これは行った時間帯もあるかも。遅めの時間帯は人が少ないことが多い)。それなりにいい作品は置いてあるんだけどね、ちょっと地味かなー。
サントリーコレクションを中心として20世紀のアートシーンを振り返る、というのがテーマ?正確には印象派以前のピサロも取り上げてたので範囲はもう少し広いんだけど。ピサロは好きなのでそこは楽しかった。古いところで1958年から1900年過ぎまでいろいろ。雪のある風景がよかったな。その後シスレーとかモネとかルノワールとか。モネは結構たくさんあったけど時期やテーマが固まっててバラエティが足りない気が…。個人的にモネは最晩年が好き。セガンティーニの牛の絵は前にどこかで見たことがあるんだけどどこだっけー。印象派のコーナーに入ってたけどちょっと毛色が違ったかな。
海の見える展望コーナーには彫刻が。ヘップワースのがかわいかった。
下の階に下りると20世紀美術が。ルドンのステンドグラスきれいだったな。ボナールかわいい。ヴュイヤールは見たことある絵だった。ボーシャンおもしろい。デュフィきれい!この辺はエコールドパリかなーって感じな人が並んでた。モランディコーナーがあって、キスリングとかスーチンとかワイエスとかいろいろ。
次に「花束の回廊」と名づけてちょっと凝った展示のセッティング。綺麗な花からおどろおどろしい花まで色々並んでて楽しかった。
そして最後は抽象やら前衛やらの20世紀の新しい表現がいろいろ。ピカソとかカンディンスキーとか。私の中で似たような系統に分類されてるカンディンスキーとクレーとミロなんだけど、なぜかカンディンスキーは好きで、クレーはものによって好みが分かれて、ミロは苦手。今回も同じ感想。フォンターナのミニコーナーがあった。サムフランシスのよさがわからん。ホックニーも似たような系統に感じるけどこっちは好きなんだよな。
ってな感じで感想をだらだらと書いてみたけど、面白さを感じた部分もあるけど新しい発見もなく、目玉作品があるわけでもなく、全体的には地味さは否めないかなーと思った。一応ポスターにもなってるモネが目玉ってことになるんだろうか?新しい発見がないというのは私の鑑賞態度にも影響されてるだろうから厳しめの意見だとは思うけどね。国内コレクションを中心とした展覧会になるとどうしても見たことがある絵が多くなってくるし、そこに何か発見が欲しいとなるとこちらもそれなりに貪欲にならないと見えてこないものもあるだろうし。
ところで、以前ニュースであの場所そのものは大阪市が引き継いで美術館として利用を続けると聞いたけど、サントリーが手を引くのは決定事項みたいなので、サントリーコレクションを見る機会も今後は減っちゃうのかなーと思うと寂しい。これも不景気のせいなのか…
ミュージアムショップではオリジナルグッズがセール中。ポストカードやミュシャのクリアファイルとか一筆箋も安売りしてたよ。ロゴ入りグッズは休館しちゃったら東京のサントリー美術館でも扱わないのかなあ。今まで天保山のコレクションだったものは休館後は本家サントリーコレクションの一部になるんだろうか?(ポスター類は特にグランヴィルコレクションとして区別されてたけど)もしそうなるなら今後はサントリー美術館の方でグッズが作られるのかな?
そういえば2~3年前に「大阪コレクション」と称して国立国際美術館と大阪市立近代美術館(仮称)と3館共同の展覧会やってたけど、もう大阪のコレクションじゃなくなっちゃうのかなー。(
寂しい気持ちはさておき、今後はサントリー美術館の方で天保山コレクションを活かした展覧会をやってくれたら…と願ってます。でも今までは東京のサントリー美術館と天保山とでは全然カラーが違ったんだよね。天保山の方向性はかなり好きだったんだけど。どうなるのかなあ。
休館まであと少しあるけど、年末の最後の展覧会は絶対に見に行くぞ!
今後の予定

【More・・・】

ミュージアムショップでは、なぜかこんなものを買ってしまったり…
100801_160619.jpg
以前ある人に猫段というものがあると教えてもらって存在は知ってたんだけど、他にも豚段とか麒麟段とかいろいろあった。猫好きとしては猫段に惹かれたんだけど見本が展示されてて尻尾の部分が折れちゃいそうで心配だったのと、私はなぜか亀が好き…ということで、亀箱(なぜかこれだけ段じゃなくて箱だった)を購入。さっそく組み立てたよ!
100801_171222.jpg
手順どおりに組み立てればいいだけなのに、なぜか最初の方を勘違いしていて解体して組みなおしたりしてるうちにダンボールがよれよれに…でも完成。約1時間かかりましたとさ。
関連記事

テーマ : 美術館・博物館 展示めぐり。 - ジャンル : 学問・文化・芸術

Edit |  19:25 |  アート  |  TB(0)  |  CM(0)   このページの上へ

Comment

コメントを投稿する


管理者だけに表示

このページの上へ

Trackback

この記事のトラックバックURL

この記事へのトラックバック

 | HOME | 
アクセス解析
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。