2017年09月 / 08月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫10月

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Edit |  --:-- |  スポンサー広告   このページの上へ

2011'01.17 (Mon)

ウッドワン美術館所蔵 近代日本絵画のあゆみ

神戸大丸で開催中の「ウッドワン美術館所蔵 近代日本絵画のあゆみ」展に行ってきた。
ウッドワン美術館というところは知らなかったんだけど広島にあるウッドワンという会社(昔は住建という名前だったらしい)が運営している美術館。
コレクションは日本の近代絵画がメイン?あとマイセンとかアールヌーヴォーのガラスとか。西洋絵画も少し持ってるみたい。
で、今回は日本の近代絵画が100点ほど来ていた模様。コレクションのポリシーがよくわからないんだけど、日本の近代絵画をまんべなく集めてるって感じなんだろうか。いい作品もあるけど、特にどういう系統に強いみたいな特徴はよくわからなかった。敢えて言うなら「絵画」ってことなのかな。
去年あたりに岸田劉生展を見て以来、麗子ちゃんに親近感がわいちゃってます。それはさておき、ここの麗子像は普通に綺麗だなーと思った。
微妙に目立たない壁に浅井忠と金山平三が。浅井の絵は正月休みに実家で浅井展の図録を読んで人となりを知ってから見ると、なるほど、いい絵だなと思えた。浅井の絵って地味に感じるんだけど、落ち着いてていいよね。(この図録の話は別途書こうかと思ってます)
金山と言えば兵庫県立美術館にたんまりあって何度も見てるけど、イマイチぴんときてないです。この人のことももっと知れば好きになるのかなー。わかんない。地元繋がりで小磯良平も1枚あったけど、小磯こそ兵庫県美や小磯記念館に名品があるからなー。今回出ていたお人形の絵も可愛かったけど、比べちゃうと物足りない。
展示の順番として、ある程度は時代順になってたけど、高橋由一の絵があの位置ってのが…。麗子がどーん、青木繁がどーん、黒田清輝、藤島武二ときて、山本芳翠、高橋由一って順番はどうなんだろうと思った。
青木繁は晩年に近い時代(といっても若死にしてるからまだ20代の作品だけど)だったせいか、インパクトは少なめ。大きい方の絵はよかったけど。黒田清輝は幻の名作だっけ?今回は紫に注目してみました。なるほど。武二の女性の顔は武二らしいタッチだけど、やっぱり武二の中では普通レベルかなーと思った。でも武二ファンなので武二の絵ならなんでも見れて嬉しい。山本芳翠はとりあえず彼の絵ってだけでレアなので有難く鑑賞。あー、いつか岐阜県美で裸婦像を見ないとなあ。由一の絵もレアといえばレアだけど、彼の絵は静物画とか肖像画がいいな。
明治の洋画といえば今、伊丹に山岡コレクションが来てるんだよね。私は前に別のところで見てるから行く予定はないけど、あれは見る価値あるね。(過去ログ漁ったら2007年だった。思ったより昔だったな。記事1記事2
あと洋画で目立ってたのは藤田嗣治。4点くらいあった。壁画と言っていいのか?背景を知らないのでわからないけど、パノラマな大型作品があった。でも一番小さいイヴというのが可愛かったな。猫が見てる食材の絵もかわいい。占い中の絵もかわいい。
ともかくいろんな人の作品が並んでたので1人辺り1枚か2枚ってのが多くて、時代も幅広いので、ちょっと散漫な印象が。一応絵の横に略歴はあったし、自分もここ数年の経験で名前と作風が一致する人がそれなりにいたので、なんとかついていけたって感じだった。有名な人でもその人の特徴がよく出た作品ならいいけど、過渡的な作品とか代表作とは言いがたいような作品だと、こういう総覧的な展示の中ではちょっと物足りないんだよなあ。小品でもその人の画歴の中での位置づけとかがわかると楽しめるんだけど、単体でぽんと目の前に出されてもどう受け止めていいのかわからないことが多い。横の繋がりが強調された展示というわけでもなかったし。その辺は見る人の姿勢次第な気もするので、ここで見た作品が今後の鑑賞に繋がればいいかなーとも思う。
とりあえず今回は麗子ちゃんだけでも見る価値はあったので、よしとする。
日本画は洋画より素直に楽しめたかな。竹内栖鳳はいいなあ。晩年の鮮やかな作品が素敵。久々に川端龍子を見た。川合玉堂好きだ。上村松園かわいい。清方や深水の美人画もいい。
一応、日本画、洋画という区別になってたけど、最後の方はどっちともいえないようなタイプの現代に近い時代の絵が並んでた気がする。加山又造の猫の毛並みがかわいかった。
売店でこの展覧会の図録ではないけどそれに相当するものとして、ウッドワン所蔵品カタログがあった。買おうか迷ったけどやめた。麗子の肩掛けが売っていた。誰が着るんだ…。子供に着せるのか?

【More・・・】

覚書として、出展予定作家名一覧(公式サイトより)
■洋画
高橋 由一、山本 芳翠、黒田 清輝、藤島 武二、青木 繁、坂本 繁二郎、金山 平三、萬 鐵五郎、藤田 嗣治(レオナール・フジタ)、小出 楢重、安井 曾太郎、梅原 龍三郎、国吉 康雄、岸田 劉生、須田 国太郎、北川 民次、古賀 春江、村山 槐多、佐伯 祐三、岡 鹿之助、荻須 高徳、小磯 良平、三岸 好太郎、海老原 喜之助、宮本 三郎、靉光、山口 薫、香月 泰男、松本 竣介、鴨居 玲
■日本画
橋本 雅邦、竹内 栖鳳、横山 大観、川合 玉堂、上村 松園、伊藤 小坡、鏑木 清方、橋本 関雪、小林 古径、安田 靫彦、川端 龍子、前田 青邨、小野 竹喬、奥村 土牛、福田 平八郎、速水 御舟、池田 遥邨、小倉 遊亀、徳岡 神泉、伊東 深水、山口 華楊、上村 松篁、橋本 明治、片岡 球子、東山 魁夷、杉山 寧、高山 辰雄、石本 正、加山 又造、平山 郁夫
関連記事

テーマ : 美術館・博物館 展示めぐり。 - ジャンル : 学問・文化・芸術

Edit |  23:23 |  アート  |  TB(0)  |  CM(0)   このページの上へ

Comment

コメントを投稿する


管理者だけに表示

このページの上へ

Trackback

この記事のトラックバックURL

この記事へのトラックバック

 | HOME | 
アクセス解析
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。