2017年04月 / 03月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫05月

2011'04.26 (Tue)

スラヴ叙事詩の当面の動き

4月は引きこもりモードでブログのネタも無く、下手するとこのままGWに突入しそうな勢いなので、最近のスラヴ叙事詩の動きなど紹介してみる。
去年の揉め事は過去記事参照のこと。モラフスキークルムロフで40年以上展示されてきたスラヴ叙事詩ですが、以前からプラハに移転するという話があったけどなかなか話が進まなくて…、というのが去年の夏ごろまでの状況。
経緯を1年くらいずっと追いかけていて、実際に物が動き出すまでは何も確定したとは言えないんだなということがわかってきて、ニュース記事が出たからといって逐一レポートするのはやめちゃったので、だいぶお久しぶりの紹介になります。
去年の夏の終わりごろにプラハ側が強硬手段に出て、絵を梱包し始めちゃいました。その時点でとうとう…と思ってたら、裁判所がお城の封鎖命令を出して、20枚あるうちの何枚かが梱包された状態でモラフスキークルムロフ城に据え置かれることに。そんなゴタゴタの間にスラヴ叙事詩は国の文化遺産に指定されたというニュースもあった(http://www.ceskenoviny.cz/news/zpravy/mucha-s-historical-cycle-to-be-added-to-national-heritage-list/538961)。そうなると絵の移動もどこかの権威の了承を得ないとできなくなるらしい(文化遺産の管理とか、物言う権限がある人が誰なのかは知らない)。そして秋にチェコでは大きな選挙があったようで、詳しくは理解してないけど、プラハの偉い人(市長?議員?)が変わったとかで、敵対的な関係は解消されたのかな?という空気もあったけど、その後もプラハとモラフスキークルムロフの間で交渉が続いていたみたい。
そして春先に突然、梱包された状態で放置されてた5枚をプラハに移動することに(http://www.mediafax.cz/domaci/3168975-V-Moravskem-Krumlove-nakladaji-platna-Slovanske-epopeje-do-kamionu)。理由としては、梱包したままにしておくのは絵に悪いので開梱して状態をチェックしたい、でも凍える冬の寒さの中で絵を広げる作業は絵にとって危険だから空調設備の整ったプラハに持っていって調べたいということだったような(http://www.mediafax.cz/kultura/3163267-Besser-s-Haskem-a-tajemnikem-Moravskeho-Krumlova-odpecetili-Slovanskou-epopej)。
プラハに到着後に絵の状態を調べて、問題ないということがわかって、現在はプラハの見本市宮殿(?)で展示しているそうだ。5/22まで展示した後、改めて修復作業をするのかな?(http://www.blesk.cz/clanek/zpravy-novinky-domaci/151672/slovanska-epopej-v-praze-zatim-lidi-nelaka.html)よくわからないけど、秋になったらまた展示するみたい。そのときは残りの15枚も持ってきて、全作品を一斉に展示する予定らしい。(http://praguemonitor.com/2011/04/12/part-muchas-slav-epic-be-displayed-prague
そして、4/19にモラフスキークルムロフでも残りの15枚で展示を始めたとか。ちなみに例年、冬の間はモラフスキークルムロフの展示場(お城)は閉まってます。秋まで展示を続けて、その後のことは現在交渉中らしい。(http://praguemonitor.com/2011/04/20/slav-epic-again-display-outside-prague
今後の話は例によって予定は未定なので、話半分くらいに聞いといてもらったらいいと思います。とりあえず話題になってたのが、モラフスキークルムロフのお城を修繕すること。私は現地で確認したわけじゃないので伝聞になるけど、お城の状態はあまりよろしくないようで、スラヴ叙事詩を展示するのにふさわしい状態にしてからでないとダメよと言われたとかなんとか。2014年ごろをめどに、となってるけどどうなることやら。(http://www.ceskenoviny.cz/domov/zpravy/expozice-s-muchovou-epopeji-v-moravskem-krumlove-je-opet-otevrena/625651
疑り深い人は、プラハがそのままスラヴ叙事詩を奪ってしまうんじゃないかと思ってたりもするみたい。反対派はプラハになんでも集中させるんじゃなく地方にも観光資源があったほうがいい的なことを言っていたり。
例によって関連URLはチェコ語だったり英語だったりするけど、気になる人は頑張って読んでみてください。もっと適切なリンク先があったかも知れないけど整理し切れてないので目に付いたのを貼り付けてます。
次に大きな動きがあるとすれば秋ってことかな?また何かあれば速報はツイッター(@muchaholic)の方で紹介すると思います。
関連記事

テーマ : 雑記 - ジャンル : 学問・文化・芸術

Edit |  00:48 |  ミュシャ一般  |  TB(0)  |  CM(0)   このページの上へ

Comment

コメントを投稿する


管理者だけに表示

このページの上へ

Trackback

この記事のトラックバックURL

この記事へのトラックバック

 | HOME | 
アクセス解析