2017年05月 / 04月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫06月

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Edit |  --:-- |  スポンサー広告   このページの上へ

2011'09.04 (Sun)

北九州で具体

北九州市立美術館・本館にて、ドニ展を見た後はコレクション展を見た。地方の美術館に行く楽しみは所蔵品展でもあるわけで、見なきゃ損。その美術館の特徴も見えるから、親しみもわく。今は「具体」特集や荒川修作特集をやっていて、ふと、兵庫県立美術館を思い出した。もしかして仲良かったりする?
とりあえず近現代の洋画ということで、ドガやルノワール、モネとか、洋画の有名どころと、日本の洋画家の作品が少し展示されていた。
「具体」の作品は、タピエの旧蔵品をこの美術館がまとめて持っているんだとか。馴染みのある名前がちらほら。この辺の作品ってタイトルが「作品」だったりしてどれがどれって区別もつかなかったりするんだけど、田中敦子の作品は好きだなー。あと、誰だか忘れたけどキャンバスに正方形の紙を敷き詰めて貼ってるやつも好き。でもこれってどうやって保管してるんだろう、大変じゃないのかな、と余計な心配をしてしまう。
荒川修作って名前は記憶にあったけど、作品と一致してなくて、見てから、ああ、あの人かと納得。そして養老天命反転地の人だということも聞いてびっくり。へー、そうだったのか。展示室はふたつに分かれていて、アネックスの方が面白かったかな。最初は文字に惑わされてなんだかよくわかんないなーと思ってたんだけど、ただただ幾何学的な線を眺めてるうちにだんだん楽しくなってきた。
本館からアネックスまでの道がちょっとした回廊?になっていて、一応網で仕切ってあったけど屋外と繋がっていて、バッタやらトンボやら虫がいっぱい見えた。海も少し遠くに見えた。
美術館の中に小さなライブラリーがあって、昔の図録とか美術雑誌とかが置いてあった。あんまりここで時間を使うと次に差し支えるかなーと、ちょっとだけしか見てこなかったけど、過去にここで開催された展覧会の図録コーナーが楽しかった。近所に住んでたら絶対常連になってただろうなーというラインナップなんだもん。そういえばミュシャ展もここでやったんだっけ。
1981年に開催された、ジャポニズムとアールヌーボーという展覧会で、ハンブルク装飾工芸美術館所蔵の作品展が面白そうだった。1981年というとまだ日本でもミュシャはあまり有名ではなかった時期で、この図録での表記が「ミュッシャ」だったり、スラヴ叙事詩についての説明らしい文章でもスロバキア民の歴史を描いた未完成の作品群がクルマウ城にあるとかなんとか書いてあって、突っ込みどころ満載だった(それほど情報がない時代だったと思うから仕方ないとは思うけど)。で、この展覧会が兵庫県立美術館でも開催されていたというのを見て、やっぱりここが兵庫県立美術館と仲いいのかもと思ったのはあながち思い込みでもないのかもと思ったり。共通する何かがありそう。
そして、売店で何故かラファエル前派の本を買ってしまった。このシリーズは手ごろでビジュアル豊富なところがいいね。
4422211544ラファエル前派―ヴィクトリア時代の幻視者たち (「知の再発見」双書)
ローランス デ・カール 高階 秀爾
創元社 2001-03

by G-Tools

展覧会とは全然関係ないんだけど、最近CSで見たドラマが結構面白かったもんだから、ラファエル前派について真面目に入門書でも読みたいなあと思って。(ドラマはもう放送終わっちゃったけど。輸入盤のDVDなら手に入るらしいけど。)
B0026P40NUDesperate Romantics [DVD] [Import]
Franny Moyle
BBC Warner 2010-07-20

by G-Tools

ドラマの第1回は見逃しちゃったんだけど残りは全部見た。史実をベースに面白おかしく脚色してるドラマで、人物のルックスはかなり本物に似せる努力をしてたみたい。ロセッティとエリザベス・シダルの関係を軸にミレーやハントの恋模様も描いている。ドラマを見ながら史実を調べて違いを確認したり、ラファエル前派とは…みたいなことも調べたりして、結構楽しかった。でもウィリアム・モリスとバーン・ジョーンズの描写がそれはないよな感じだったのが残念。

てなところで、分館へ移動。今度はちゃんとバスを乗り継いですんなり辿り着けました。五葉の話はまた次回。
関連記事

テーマ : 美術館・博物館 展示めぐり。 - ジャンル : 学問・文化・芸術

Edit |  19:09 |  アート  |  TB(0)  |  CM(0)   このページの上へ

Comment

コメントを投稿する


管理者だけに表示

このページの上へ

Trackback

この記事のトラックバックURL

この記事へのトラックバック

 | HOME | 
アクセス解析
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。