2017年10月 / 09月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫11月

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Edit |  --:-- |  スポンサー広告   このページの上へ

2011'11.28 (Mon)

ウィーン工房1903-1932─モダニズムの装飾的精神-

汐留ミュージアムで開催中のウィーン工房の展覧会へ行ってきた。
府中、丸の内で結構しっかり時間を使ってしまったので、ちょっと遅くなったけど、18時までやってるから余裕~と思いつつ16時過ぎに汐留に着いてパナソニック電工ビルに入ろうとしたら、「深刻な電力不足のため17時閉館」となってて焦った。残り1時間もないよー。結果的には時間が足りないこともなくてよかったけど。
ウィーン工房といえばサントリーミュージアム天保山だっけなあ?そこそこまとめて見た記憶があるんだけど、あれは何の展覧会だったっけ…。それだけじゃなくて他のものもまじえて紹介されてたような気がする。(たぶんこの辺かな?あんまりちゃんとした感想が書かれてないけど…。→20世紀の夢~モダン・デザイン再訪クリムト、シーレ ウィーン世紀末展
ウィーン工房はアールヌーボー末期からアールデコの時代にかぶるんだけど、微妙にずれてるところが面白い。展示説明では「先取り」してるとかそんな解釈だったけど。
アールヌーヴォーがうねうねしてる頃に直線的なデザインをしていたり、アールデコで機能美が追求されてる頃に華やかなロココなデザインをやってたり。
個人的にモーザーのファンなんだけど、主にポスターが好きなので、今回は椅子とか花器(?)とか家具とかしかなかったのは残念。まあウィーン工房の展覧会だからね。
グラフィック系ではココシュカの本の挿絵とかカードがあった。あと、紙もので、請求書とか封筒があったり。
インテリア関係、小物類、テキスタイルデザイン、というのが前半で、後半は服飾関係が多かったかな?なんともポップな感じのお洋服とかがあったり。
最後が上野リチコーナーになってたのに驚いた。京都で見たっけなあ。そのときはなんとなくチラシを見て行ってみただけで、その人のことは何も知らなくて、見に行った後でもイマイチ理解してない状態で、今更ながらにウィーン工房と繋がりがあったことを知ったくらい。今回展示されてたのは京都の美術館の所蔵品だった。(当時の感想は、なんだか文句しか書いてないような…。いや、なんだろ?自分の好みと微妙にずれるのよねー。かわいいんだけど、何かが違う…。あくまで趣味の問題です。)
ウィーン工房はウィリアムモリスの影響を受けてるわけだけど、結局モリスと同じような問題にぶち当たる、と。職人の地位向上みたいなお題目があっても、それを代金に上乗せすれば商品は富裕層向けになっちゃうし、妥協すれば憎むべき粗悪な大量生産品と変わんなくなっちゃうし。結局ウィーン工房もその問題は解決できず、世界恐慌や世界大戦の影響もあって財政難で解散しちゃうわけです。デザインとして後世に影響を与えてるかもしれないけど、思想的にはどうなんだろうなあ?
図録は巻頭の文章がちょっと面白そうだったけど、買わなかった。かわりにINAXのモーザーの本を買った。この本、前から気になってたんだよね。
4872750160コロマン・モーザー (INAX ALBUM 2)
藤本幸三 入澤企画制作事務所
INAX出版 1992-05-20

by G-Tools

今回は美術館をうろうろするだけで疲れちゃって、翌日は平日で仕事だし、美術館以外はほとんど見てない。せっかく東京まで行ったんだし、大型書店に寄りたかったな。丸善でカレンダー見たかった!
関連記事

テーマ : 美術館・博物館 展示めぐり。 - ジャンル : 学問・文化・芸術

Edit |  01:46 |  アート  |  TB(0)  |  CM(0)   このページの上へ

Comment

コメントを投稿する


管理者だけに表示

このページの上へ

Trackback

この記事のトラックバックURL

この記事へのトラックバック

 | HOME | 
アクセス解析
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。