2017年10月 / 09月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫11月

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Edit |  --:-- |  スポンサー広告   このページの上へ

2011'12.24 (Sat)

ガレとドーム 四季の花

京都国立美術館に行ったついでに、えきKYOTOのガレとドーム展を見てきた。
北澤美術館所蔵コレクション展で、アールヌーヴォーのガラス系の展覧会に行くとよく見る作品が並んでるものなので、特に目玉はないけど、目の保養になる展覧会だった。ガレのひとよ茸花器がきれいだったな。ひとよ茸ランプもあったら完璧だけど、そこまで望むまい…。
四季の花というテーマで、春夏秋冬の花々をモチーフにした作品が並んでいた。それぞれの季節に良さはあるけど、やっぱり春と秋が豊かな季節って感じがしたかな。
ガラス作品は光の当て方とか見る方向とかで変わってくるから、完璧な展示方法ってないんだろうけど、さすが専門の美術館が関わってるからか、展示には工夫が凝らされていた。作品の後ろに鏡が置いてあったり、作品の台が光を反射するような素材(フロスト加工の銀色の板?みたいなの)だったり、作品によっては後ろからも見れるようになってたり。
最後のクリスマス向け商品がキレイだったなー。最後にそんな展示がされてるから、売店に行ったらクリスマス向け商品でも売りつけられるんじゃないかと穿った見方をしてしまったよ(笑)。実際はそんなことなかったんだけど、会場外の通路でオールドバカラだとかなんとかいう陶器を売りに来てるコーナーがあった。
ガレは伝記的な本も読んだし、それなりに大掛かりな展覧会も見たことがあって、かなり好きな作家なんだけど、ドームはドーム兄弟それぞれのプロフィールも良く知らないし、ガレに比べるとあっさりすっきりこぎれいな作品を作るイメージがあるくらいだったけど、ドーム家秘伝(なんか違うような…なんて書いてあったか忘れた)のガラスの花瓶はちょっとガレっぽいというか、こってりした作品で、こんなのも作るのねーと発見だった。
ガレで知ったロレーヌクロワがドーム作品にも刻まれてて、ドームにも故郷への愛着とか誇りがあったのかな、と思ったり。
ドームの作品で、マジョレルとのコラボ作品があった。タンポポをモチーフにしたランプだったんだけど、きれいだったな。
たぶん一般大衆受けがいいのはドームで、部屋に飾るのにちょうどいい具合なものが多くて、ガレは玄人受けするというか、装飾としては濃すぎる重すぎるものが多いのかな、と思う。もちろんガレも商売でやってたんだから、一般受けする作品も出してるんだけどね。
この展覧会の図録として売られていた本は、展覧会終了後に一般発売されるらしい。先行発売!として置いてあった。
4895115984ガレとドーム 四季の花
池田 まゆみ
マリア書房 2011-12-29

by G-Tools

関連記事

テーマ : 美術館・博物館 展示めぐり。 - ジャンル : 学問・文化・芸術

Edit |  15:13 |  アート  |  TB(0)  |  CM(2)   このページの上へ

Comment

はじめまして、わたしは
今大学の授業の課題として
ドーム兄弟とルイマジョレルの
共同作品である"たんぽぽ"に
ついて調べているのですが
どういった風に展示されて
いたのかや、どういった技法で
作られたのかご存知であれば
教えていただけるととても
嬉しいです(;o;)情報が
あまりにも少なく困っています。
図々しくすみません!

長文失礼しました。
にも | 2012年07月21日(土) 00:50 | URL | コメント編集

●はじめまして

こんにちは。
ガラスや鉄の技法についてはそれほど詳しいわけではないので正確な表現かわかりませんが、ガラスの部分は大雑把に言えば吹きガラスにエッチング、台座は鋳造、という感じになると思います。
(外国語のページですが、なんとなくそれっぽいことが書かれています。)
http://commons.wikimedia.org/wiki/File:Lampe_de_table_Fleurs_de_pissenlit.jpg
http://www.ecole-de-nancy.com/web/index.php?page=les-pieces-en-collaboration-avec-daum
もう少しきちんとした情報がお知りになりたいのなら、あのランプは北澤美術館の所蔵品ですので、そちらにお問い合わせなさってみてはどうでしょうか?
または、本文中でも紹介しています書籍を図書館等でお探しになってみるとか…。
http://shop.mariashobo.jp/?pid=38196729
ガラスものは骨董系の書籍が詳しいかもしれません。
他にも過去の展覧会の図録などを探せば何か情報があるかもしれません。その辺りは既にお調べでしょうか?大学の図書館にあるかどうかは存じ上げませんが、美術館でライブラリーが充実しているところへ行けば見つかるかもしれません。(神戸ならいいところを知ってるんですが…)
あまりお役に立てそうになくてすいませんが、課題がんばってくださいね!
Ira | 2012年07月21日(土) 14:15 | URL | コメント編集

コメントを投稿する


管理者だけに表示

このページの上へ

Trackback

この記事のトラックバックURL

この記事へのトラックバック

 | HOME | 
アクセス解析
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。