2017年06月 / 05月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫07月

2011'12.31 (Sat)

日本絵画のひみつ

クリスマスの日に神戸市立博物館で開催中の「日本絵画のひみつ」展に行ってきた。
神戸市立博物館は南蛮美術のコレクションで有名。前に、プルシアンブルーをテーマにした展示があって、そのときが私にとって本格的にそのコレクションを見た初めての機会だったかなあ。そのときに見たものも少し出てた。
私にとって、日本美術はもちろん興味はあるんだけど、もともと美術にはまったきっかけがミュシャなもので、そこから色々手を広げてく過程で、ジャポニズムだの、西洋と東洋がお互いどんな風に影響を与え合っていたのかというところについ注目してしまうので、生粋の日本画というよりは、西洋と東洋の出会いによって生まれた(今の私たちの目から見ると)へんてこな絵に惹かれてしまう。
そういう点でこの展覧会は色々楽しいことがいっぱいでした。
今回の目玉?小田野直武の不忍池はさすがの存在感。これ、実際に見てみるとすごく不思議な絵で、画風は全然違うけど高橋由一を少し思い出した。これは18世紀の絵だから、幕末の高橋由一よりも数十年か百年くらい前。
秋田藩のお殿様、佐竹曙山の絵も面白いわー。小野田直武と全く同一の構図で描いているものが並んでたんだけど、細かく見ていくと色々違いがあって、これって性格の違いなのかなあ?とか思ったり。赤い鳥の絵も可愛かった。松に唐鳥の図も木の幹の表現が面白かった。
歴史には疎いのでよくわからないんだけど、どうして秋田で蘭画が盛んだったんだろう?長崎とかだったらわかるんだけど。ということで秋田蘭画についてちょこっとお勉強。なるほど…。
ファン・ロイエンの花鳥図の模写が凄かった。油絵を模写したものと、それをさらに模写したものが並んでて、模写の模写はインパクトが減っていた。
それ以外にも、海外の書物(解剖学の本とか百科事典とか地図とか)を模写したものが色々並んでいた。
南蛮屏風も面白い。あんだけ綺麗なのが残ってるのも凄い。細かすぎて見るのが大変で、見切れなかった気がする。図録買えばよかったかなー。
1階にあった南蛮屏風のレプリカも面白かった。もともと8曲1隻だったものを池長孟さんの趣味(?)で4曲1隻に直したらしいんだけど、4曲にしたことで奥行きが出過ぎてちょっと見難かったかな?
福禄寿の絵で、修復して綺麗になったものが展示されてたんだけど、2階にその修復過程を紹介したパネル展示があって、それを見てから改めて実物を見ると、本当に綺麗に修復されたんだなーということがわかって面白かった。
今回の展示、あんまりタイトルと関係ないところで面白がってしまって本来のテーマに沿った見方を全然しなかったような…
振り返ってみると、粉本とか模写とか、こうやって絵画というのは作られていくんだよという解説が確かにあったし、もう一度そういう目線で見てみるのも面白いかもしれない。展示替えもあるらしいし、余裕があればもう一回行くか?
で、図録は買わなかったんだけど、この雑誌を買ってしまった。南蛮特集あり。展覧会で展示されてた絵が少しだけ載ってる。
B0063HDITOなごみ 2011年 12月号 [雑誌]
淡交社 2011-11-28

by G-Tools

ふと、少し前に買った本を思い出した。至文堂「日本の美術」シリーズの「初期洋風画」と「洋風版画」。ぱらぱらっと斜め読みしてみたけど、これはかなり面白いかも…。まさにこの展覧会が扱ってた時代と被る。40年近く前の本なのでもしかしたら内容が古くなってる部分もあるかも(新たな発見とかがあるかも?)だけど、自分にとってはまだまだ未開拓な分野なので、これを機にまじめに読んでみようか。
そして、だいぶ前に京都で見た「揺らぐ近代」という企画展を思い出してたんだけど(当時の感想)、それより遡ること100年、200年くらいの時代に、日本がどんな風に西洋を受け止めていたのか、それがとっても無邪気で楽しそうに見えて、興味深かった。この企画で取り扱っている時代は「近代」の一歩手前くらいまでなんだけど、その時代の「洋画」の捉え方は、ほとんどそのまま「近代」の初期にも当てはまっていて、美術というよりは博物学に近いのかなあ、なんてことも思ってみたりして。学問や技術のひとつとして絵画が存在したという側面もあるよね。
単純に見てて楽しい美術もあるけど、作品からその時代が見えてくるような、そういうところが美術鑑賞の楽しさだなと、自分は思う。たとえば政治や宗教、文学や音楽、天文学や医学、舞台や芸能、工業や商業、工芸や建築、服飾、その時代の風俗など、各種分野が単独で存在するのではなく、複雑に絡み合っていて、その中に絵画も存在する。その繋がりを知ることが楽しい。
そして、展示の最後には、「揺らぐ近代」にも出ていた作家、狩野芳崖の模写があった。そう、やっぱり繋がるんだよね。

おまけ。この対談が面白かった。
第1回はここ。
http://www.1101.com/hashimoto/2004-02-24.html
このページの下に目次的なのがある。
http://www.1101.com/hashimoto/index.html

2011年の締めくくりはそんな感じでございました。今年は一時期かなり出不精になってたけど、終盤で盛り返した感じ。この勢いで来年もどんどん出かけていきたいものだ。2012年はどんな出会いがあるのかな。
本当は2011年の総括的な記事でも書こうかと思ったけど時間切れ。そういえは2010年のまとめもしてなかったことに今さら気づいたりもしたけど、もう遅い?
関連記事

テーマ : 美術館・博物館 展示めぐり。 - ジャンル : 学問・文化・芸術

Edit |  00:48 |  アート  |  TB(0)  |  CM(0)   このページの上へ

Comment

コメントを投稿する


管理者だけに表示

このページの上へ

Trackback

この記事のトラックバックURL

この記事へのトラックバック

 | HOME | 
アクセス解析