2017年10月 / 09月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫11月

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Edit |  --:-- |  スポンサー広告   このページの上へ

2012'01.08 (Sun)

堺の蛇ブレスはドイツでの蛇集会に参加中

2012年は蛇年じゃなくて辰年ですが、新年早々、蛇の話題を。
堺市所蔵の「蛇のブレスレットと指輪」が、2011/11/26から2012/2/26まで、ドイツのプフォルツハイム宝飾博物館の開館50周年記念特別展「Serpentina(サーペンチナ)‐世界の宝飾品における蛇」にて展示されているそうです。
プレスリリース:
http://prw.kyodonews.jp/open/release.do?r=201111180729
http://www.city.sakai.lg.jp/city/info/_koho/pub1111/1121_01.pdf
タイトルの通り、蛇づくしの展覧会らしい。博物館の公式サイトにプレビューが公開されてて、20点くらいの写真が見れるんだけど、ばっちりミュシャのブレスレットも紹介されてました。さすがだね。
http://www.schmuckmuseum.de/flash/SMP_en.html
蛇モチーフって何故か惹かれる。ミュシャに関係なく見てみたい、楽しそうな展覧会だな。カタログも販売してるらしいよ。なんとアマゾンで扱ってた。ちょ、ちょっと、そんな誘惑はやめて…。2月に発売らしい。
3897903547Serpentina: Snake Jewellery from Around the World
Fritz Frank
Arnoldsche 2012-02-16

by G-Tools

このブレスレット(と指輪)は女優サラ・ベルナールと宝飾家フーケとデザイナーミュシャという世紀末パリの三大巨人がコラボした作品ってところが最大の魅力かと(だいぶ誇張した表現にしたけど、だいたいそんな感じ)。以前、NYでのサラベルナール展にも貸し出したことがあって、世界が注目する凄い作品なんだよ!だからまだ見たことない人は、この蛇さんが堺へ戻ってきたら是非堺へ足を運びましょう。上記プレスリリースによると3/17から再展示されるそうだ。(蛇ブレスについて語った過去記事 その1 その2
Wikipediaドイツ版に博物館のページがあった。ここでも蛇が。
http://de.wikipedia.org/wiki/Schmuckmuseum_Pforzheim
関連記事

テーマ : 展示会、イベントの情報 - ジャンル : 学問・文化・芸術

Edit |  23:17 |  ミュシャ一般  |  TB(0)  |  CM(0)   このページの上へ

Comment

コメントを投稿する


管理者だけに表示

このページの上へ

Trackback

この記事のトラックバックURL

この記事へのトラックバック

 | HOME | 
アクセス解析
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。