2017年09月 / 08月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫10月

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Edit |  --:-- |  スポンサー広告   このページの上へ

2012'02.06 (Mon)

V&Aのアールヌーヴォー展カタログ

去年の話だけど、京都国立近代美術館のミュージアムショップにて、こんな本を買ってしまった。ヴィクトリア&アルバート美術館で2000年に開催されたアールヌーヴォー展のカタログ。
1851772774Art Nouveau, 1890-1914
Paul Greenhalgh
V & A Publications 2000-03-31

by G-Tools

ソフトカバーも出てたらしい。私が買ったのはハードカバー。
1851772979Art Nouveau 1890-1914
Paul Greenhalgh
V & A Publications 2002-07-31

by G-Tools

どっちもマケプレ経由でしか買えないみたいだけど、それなりの価格してるねー。
この本の存在に気づいたのは年単位でかなり前のこと。分厚いしそれなりに値が張るし、気になってはいたけど購入には至らず。でも心のどこかに引っかかっていた。
この日は何を思ったか買ってしまえ!と思い立ってレジに持っていってしまった。
現品は長年棚に置かれていたせいでそれなりの状態だった。それでもいいかなと思ってたんだけど、レジのお姉さんが新品があるかどうか確認してくれて、一応あったけど透明ラッピングは破けてたしカバーの端っこの方に少し切れ目も入ってたりしてて、どうしますか?と聞いてくれて、せっかくなのでそちらを頂くことに。
この図録がかなりのボリュームで、写真とキャプションを見てただけで軽く1時間は過ぎてしまった。さすがそれ系が得意な美術館なだけあって、充実してます。文章も読むときっと面白いと思うんだけど、英語だもんー。日本語でも時間かかるのに、単語も難しいし、気長に眺めていこうかと。
目次だけ見てても楽しい。アールヌーヴォーを色んな角度から攻めてるっぽい。当然ジャポニズム紹介もあるし、そういった他国からの影響、イギリスフランスといった主要国以外での展開もあるし(チェコも!ロシアも!)、本当に楽しいよ。写真と簡単なキャプションしか見てないけど。きれいなもの、気味悪いもの、へんてこなものがいっぱい。
最後にConclusion(結論)という章があるんだけど、分離派の建物がぼろぼろになってる写真に衝撃。1985年とあるけど、一時はそんなことになってたのね。たぶん全盛期を過ぎた後、再評価されるまでの間、アールヌーヴォーが冷遇され続けた日々について言及してるんだと思う。(読んでから書け)
V&Aというと、その昔、所用でイギリスに行った時、オフの日に訪れたことがある。その頃既にミュシャのことは好きだったけど、今ほど美術に親しんでない頃だったので、今となっては何を見たのかあまり記憶が…。ミュシャがないかなーと探して見つけて喜んでたのは覚えてるんだけど。装飾系に強いということで昔のドレスとか宝石とかを見たのは憶えてるかなー。
そして、そのとき会場内で、アールヌーヴォー展の予告が出ていたのを見た記憶がある。そのせいで版画関係の展示室が閉まっていたような…。それで悔しがってたような気がする。
http://www.geocities.jp/al_m_mucha/column/england.html
後日、日本でも同趣旨の展覧会が開催されることを知って、しかも東京でしかやらないということで、はるばる遠征したんだよなあ。ブログを始める前のことだったので、ホームページに書いた感想など貼ってみる。(昔の自分の文章を読むのはなんだか気恥ずかしい)
http://www.geocities.jp/al_m_mucha/column/artnouveau.html
今こうして本場の図録を手にして、日本展の図録を見直すと、元の構成を引き継ぎつつも日本用にアレンジしてることがわかる。かなりボリュームダウンしてるのは残念だけど、あのボリュームを一度に見たら消化不良になりそうな勢いだし、展示スペース的に難しかっただろうから、いいことにする。その代わり、日本国内の美術館などの所蔵品もかなり出てるし、独自色が出せてるんじゃないかな?図録の文章はあんまり真面目に読んでなかったなあ。まずはこれをきちんと読んでみようかな。
そういえばこの本も世界各国でのアールヌーヴォーの展開を紹介してる本なんだよね。
400008979Xアール・ヌーヴォー (岩波 世界の美術)
スティーヴン エスクリット Stephen Escritt
岩波書店 2004-09-24

by G-Tools

値段は高いし(オールカラーだからしょうがない)分厚いけど扱いやすいサイズだし、日本語だし(これ大事)、読まないとなー。たくさんある積読のうちのひとつです。
アールヌーヴォーとの付き合いは長いけど、まだまだ理解し切れてない部分が多い。アールヌーヴォーは奥が深いのです。
おまけ。
V&Aのサイトにアールヌーヴォー展の特設ページが残ってます。といってもあんまり内容はないけど。
http://www.vam.ac.uk/vastatic/microsites/art_nouveau/
ちなみにこの展覧会、V&Aと日本の他にはアメリカのワシントンナショナルギャラリーでもやってました。こっちは会場設営風景とかいろいろあって今でも楽しめる。インタビューとか読みたいけど読めてない…。
http://www.nga.gov/feature/nouveau/nouveau.shtm
さらにおまけ。V&Aのアールヌーヴォーなページを開いたらミュシャがお出迎え♪
http://www.vam.ac.uk/page/a/art-nouveau/
これはワシントン展の図録かな?
0894682792Art Nouveau: 1890-1914
Paul Greenhalgh
Natl Gallery of Art 2000-09

by G-Tools

0810942194Art Nouveau, 1890-1914
Paul Greenhalgh
Harry N. Abrams 2000-10-01

by G-Tools

ソフトカバーとハードカバーと2種類ある。どっちもマケプレ経由だしいい値段してるけど。古本でも状態がよければアリな価格設定だとは思うけどね。
関連記事

テーマ : アート・デザイン - ジャンル : 学問・文化・芸術

Edit |  21:39 |  アート  |  TB(0)  |  CM(0)   このページの上へ

Comment

コメントを投稿する


管理者だけに表示

このページの上へ

Trackback

この記事のトラックバックURL

この記事へのトラックバック

 | HOME | 
アクセス解析
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。