2017年11月 / 10月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫12月

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Edit |  --:-- |  スポンサー広告   このページの上へ

2012'03.04 (Sun)

ミュシャ関連図書が次々と(東京美術 他)

(3/18 追記あり)
最近ミュシャに関係する本が立て続けに出ております。こないだART BOXを紹介したばかりなのに…。
ちゃんと読んでから個別に紹介しようと思ってたけど、時間がかかりそうなので、とりあえずざっと概略紹介だけ。
まずは「ミュシャ作品集―パリから祖国モラヴィアへ」。
4808709465ミュシャ作品集―パリから祖国モラヴィアへ
千足 伸行
東京美術 2012-02

by G-Tools

東京美術といえば「すぐわかる」シリーズや「もっと知りたい」シリーズを出しているところ、といえばなじみのある人が多いかも。
ミュシャ本の執筆者としては島田紀夫さんに続いてよく見る名前の千足伸行さんが書いております。少し前に出たART BOXがミュシャ財団の本だったのに対して、今回のはドイ文化事業室が協力している。ここも2大勢力ですね(笑)。って、そんな大層なものじゃないんだけど、日本で開催されるミュシャ展はだいたいどっちかが深く関わってることが多いのでちょっと気にしてみました。
サブタイトルにあるように、ミュシャの生涯を追った内容。といっても文章量はそれほど多くなく、メインは絵かな?……なんだけど、肝心の画質がなー。セレクトはいいんだけど、画質があんまりよくない。妙にコントラストがきつくなってたり、階調が粗かったり。それでも、絵のサイズは大きめだし、数も多いし、スラヴ叙事詩もたくさん載ってるし、いいところもある。初期の絵も少しだけ載ってるしね。
一般に流通してる本の中では三省堂の「ミュシャ作品集」が自分の中では一番だけど、あれの難点は画質はいいけど絵が小さいことなので、それに対する補完的な意味合いでは、この本はいいのかも、と思う。絵のサイズや画質的には講談社の「レンドルコレクション」に近いかな。あれはポスター、装飾パネル中心だったのに対して、扱う範囲を広げたもの、みたいな。
まだ解説文をあまり読めてないので、そこに対してコメントはできないけど、読んだら感想を書くかも。
*追記*解説読みました。なかなか面白かった。ジスモンダは突然変異なのだろうか?その謎を解き明かしてくれる人は果たして現れるのだろうか。去年、堺で聞いた講演以来、「偶然」というキーワードには懐疑的になってしまう私なので、ミュシャ御本人が語る内容は話半分に聞いておいたほうがいいんじゃないかな。(3/18)

次は「画集」ではなく、文芸書。プラハにまつわるエッセイ?
4409510665複数形のプラハ
阿部 賢一
人文書院 2012-01-21

by G-Tools
これもまだ読んでないので感想どころか解説すら書けないんだけど、全7章あるうちの1章がミュシャに割かれている。目次を見て「読みたい!」と思ったのは、「同胞のスラヴ」について書かれていること。斜め読みしただけでも、ミュシャが晩年、チェコに戻ってからの受け止められ方とか、ミュシャの言葉の引用とか、興味深い内容がちらほら見えて、早く読まなきゃ!と思わされる。その章だけならそんなに長くないのでさっさと読んでしまいましょう。
*追記*この本のミュシャの章は、ユリイカおよびミュシャ生誕150年記念展覧会の図録に寄稿した文章を加筆修正したものだそうな。確かによく考えたら見たことある内容じゃないか(気づくの遅すぎ)。ただし、大幅に加筆修正されているので、上記2冊を持ってるなら読まなくていい、ということはないです(見比べました)。それに、1冊の本としてきちんと向き合うためにはミュシャ以外の章も読まなきゃ意味がないと思うし。(3/18)

上の2冊は既に購入済みであとは読むだけなんだけど、次のはまだ買ってない。
489013669X芸術家の家: 作品の生まれる場所
ジェラール=ジョルジュ ルメール ジャン=クロード アミエル G´erard‐Georges Lemaire
西村書店 2012-02-04

by G-Tools

ミュシャのお家も紹介されてます。本屋で手に取って見てみたんだけど、内容は面白そうだったけど、なにせハードカバーでちょっと大き目の本だったのでひるんでしまって…。そのうち物欲に襲われたら買うかもしれない。ということで、手元にないのであまり書くこともなく、存在だけ紹介して終わります。
関連記事

テーマ : アート・デザイン - ジャンル : 学問・文化・芸術

Edit |  16:49 |  ミュシャ一般  |  TB(0)  |  CM(0)   このページの上へ

Comment

コメントを投稿する


管理者だけに表示

このページの上へ

Trackback

この記事のトラックバックURL

この記事へのトラックバック

 | HOME | 
アクセス解析
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。