2017年06月 / 05月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫07月

2012'10.28 (Sun)

近代洋画の開拓者 高橋由一

京都国立近代美術館で開催していた高橋由一展に行ってきた。(また感想仕上げるのに時間がかかった。)
チケットをもぎってもらうと正面に花魁がどーん。そういえば、この人と初めて出会ったのもこの会場だったっけなあ。あのときは濃いなーと思ったけど、久々に見たら、案外可愛かった。あの衣装がどうなってるのかが気になる。刺繍入りの豪華な打掛?
由一といえば写実を目指した油彩画なわけですが、それ以前の絵も色々と。その中では博物画的なものが面白かったな。魚の絵。猫も可愛い。
年期の不明なものもあるし、自分の中でまだ時系列が頭に入ってないせいもあるし、そもそも由一がどういう立場でどういう人に向けて絵を制作していたかを理解してないせいもあって、どう見たらいいのかよくわからない部分があった。
頭の中で年表が出来てないのであれなんだけど、フォンタネージに学んだり、浅井忠辺りとも接点があったり、洋画排斥の時代も経験してたり、その世代の人だったのか、と今更思ったり。ヒポクラテス像の模写があって、石川大浪に繋がってたり、司馬江漢の影響やら、広重の影響やら、写真を元に描いていたとか、そういう背景を改めて確認できたのがよかった。
油彩画の中でも、静物画以外のもの(肖像画とか風景画とか)は、割と普通というか、ふーんという感じで終わってしまう。
やっぱり由一といえばこれでしょ!なこんぴらさんコレクションは巡回地ごとに展示替えらしく、京都会場に展示されないものがパネル展示されてた。ちょっと残念だけど、しょうがないか。このコレクションは、由一がこんぴらさんに寄贈したとか書いてあったっけな。
鮭3匹もどーん。それぞれサイズが違うんだなあ。
終盤にスケッチ的な作品群がたくさん展示されていた。由一も洋画受難の時代に生きていたようで、その時期に洋画の利点をアピールするために請けた仕事だとか何とか解説にあったような…(うろ覚え)
明治初期の洋画を見ていると、静物に対する写実と、風景に対する写実の距離感みたいなものを感じる。当時の人にとってはどちらも新鮮な表現だったんだろうけど、遠近法や陰影法?に慣れきった自分には、風景画とか肖像画はあんまり面白くないというか。でも、何故か静物画は面白い。これは一体何なのか。
で、この展覧会とは直接関係ないんだけど、ここのところ興味を持っている、秋田蘭画の本(至文堂「日本の美術」シリーズ)を読んでいて、平賀源内から小野田直武、佐竹曙山との繋がりがあって、司馬江漢は佐竹曙山と合作していて、由一は司馬江漢を尊敬していて、と繋がっていくことを知って、面白いなあと感じている。
江戸時代には、いわゆる洋風画とは違うところで写実的な技法というのが入ってきていて、沈南蘋とか蘇州木版画あたりが影響源らしい。そっちは日本画の系列で、丸山応挙とかに繋がっていくらしい。こっちの系列で宋紫石という人の絵を神戸市の博物館で見たことがあって、秋田蘭画あたりと並んで展示されてたから、ちょっと気になっている。

そして、コレクション展も。
写真特集では、エドワード・ウェストンを中心に、って感じで、いつものアンセル・アダムスとかあって、いいよねーと思いつつ見てたら、ウィン・バロックが!その昔、大丸で見て以来ファンなんだけど、写真集も出てないし(むかーし出たらしい洋書は検索で引っかかったけど、今気軽に手に入るものはない)、そもそもオリジナルプリントでないと出ない部分もあるだろうし、こうやって実物を見る機会はとっても嬉しい。
田村宗立の特集コーナーが楽しかった。リーフレットが4つ折で、開くとA2サイズになる。そこにどーんと洋童図が。裏面にもしっかりとした解説つき。力が入ってるなー。ここは国立の美術館だけど、「京都」ならではのプライドというか、アピールというか、そういうのを感じる。京都って良くも悪くもそういうところがあるよね。
由一に因んで、魚と肖像特集、とあったけど、大正時代のちょっと濃い目の女性画が揃ってた。魚の屏風絵も面白かった。
三尾公三のミニ特集もあった。こないだ岐阜で見たけど、京都とも縁のある人だったのねー。名古屋出身らしい。岐阜で見たときにたぶんFocusの表紙の人かな?と、思ってたらやっぱりそうだった。
そして、この日、帰り道に書店で「版画芸術」を見て、田中恭吉展のことを知るのでした。
関連記事

テーマ : 美術館・博物館 展示めぐり。 - ジャンル : 学問・文化・芸術

Edit |  22:13 |  アート  |  TB(0)  |  CM(0)   このページの上へ

Comment

コメントを投稿する


管理者だけに表示

このページの上へ

Trackback

この記事のトラックバックURL

この記事へのトラックバック

 | HOME | 
アクセス解析