2017年03月 / 12月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫01月

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Edit |  --:-- |  スポンサー広告   このページの上へ

2012'11.18 (Sun)

装飾資料集・装飾人物集いろいろ

最近、ミュシャの装飾資料集、装飾人物集をまとめた本が出ました。というわけで、一応紹介しておこう。
4808709597ミュシャ装飾デザイン集―『装飾資料集』『装飾人物集』
千足 伸行
東京美術 2012-09

by G-Tools

ミュシャが1900年ごろに出した「装飾資料集」と「装飾人物集」という本がありまして、それを1冊にまとめたものです。いったいどんな本?というのは、読めばわかると思うけど、タイトルからも想像がつくと思うけど、デザインの参考書みたいなもの。特に説明やら能書きがあるわけでもなく、ひたすらスケッチ風のデザイン画や、ポスターデザイン例みたいなのが何十枚も掲載されている。
今までにも装飾資料集、装飾人物集の復刻本は出てたんだけど、既に持ってるんだけど、ミュシャ中毒的には買わないとねってことで購入。
こないだ同じ出版社から出たミュシャ作品集もそうだったけど、ちょっと色のコントラストが強めかなあ。
巻末にミュシャの装飾本がいろいろと紹介されていて、特にイルゼの図版がたくさん載ってて嬉しかった。イルゼの復刻本とかあったらいいのになー。全貌を知りたい。きっと高くつきそうだけど。

さて、従来出ていた本にどんなのがあるかも紹介しておこう。
まずは立派な大型本。オリジナル書籍の序文まで翻訳紹介されている。さらに一部の原画も掲載されている。お値段も立派ですが、美術書としての作りはちゃんとしてるし、それなりに価値のある内容になっているかと。ジリ・ミュシャ(イージー・ムハ)ファン的にもこれはチェックしておかないとね。ちなみに原画は過去のミュシャ展図録の中に掲載されていたりもする。詳細に比較してないので重複加減は不明。
4924820520アルフォンス・ミュシャ 装飾資料集/装飾人物集
イージー ムハ 末木 友和
ドイ文化事業室 1989-04

by G-Tools

次はそれなりにお手ごろな洋書。「装飾デザイン集」が出た今となってはお値段的な魅力は薄れてしまったけど、それぞれ別の本になっていることで2冊の差が実感しやすいところが、マニア的には持ってて損はないかと。あくまでマニア的に。「装飾デザイン集」よりはひとまわり大きく、三省堂の大型本よりは小さい。初版が古いせいか、印刷は多少甘いところがあるかも?でも値段を考えれば全然OK。色合いは優しい。
装飾資料集はオリジナル序文の英訳(たぶん元はフランス語だよね?)が掲載されている。
0486240444The Art Nouveau Style Book of Alphonse Mucha (Dover Fine Art, History of Art)
Alphonse Mucha
Dover Publications 1980-10-01

by G-Tools

装飾人物集はAnna Dvorakさんの序文つき。
048624234XMucha's Figures Decoratives (Dover Fine Art, History of Art)
Alphonse Mucha
Dover Publications 1981-10-01

by G-Tools

あとは、参考までに。装飾資料集、装飾人物集がメインの本ではないんだけど、その2冊からの図版が多数掲載されているもの。掲載サイズも小さいし、全図版掲載というわけでもない(たぶん)けど、枚数は多いです。
4897373662アルフォンス・ミュシャ―アール・ヌーヴォー・スタイルを確立した華麗なる装飾 (六耀社アートビュウシリーズ)
島田 紀夫
六耀社 1999-11

by G-Tools

てな感じでミュシャ中毒の本棚はかぶりまくりなのです。
関連記事

テーマ : アート・デザイン - ジャンル : 学問・文化・芸術

Edit |  19:33 |  ミュシャ一般  |  TB(0)  |  CM(0)   このページの上へ

Comment

コメントを投稿する


管理者だけに表示

このページの上へ

Trackback

この記事のトラックバックURL

この記事へのトラックバック

 | HOME | 
アクセス解析
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。