2017年09月 / 08月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫10月

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Edit |  --:-- |  スポンサー広告   このページの上へ

2012'12.24 (Mon)

紅型展@松坂屋と、現代絵画のいま@兵庫県美

タイトルの二つの展覧会は開催場所も行った時期も全然違うんだけど、まとめて書いてしまう。
まずは紅型展。名古屋松坂屋でやっていたのを11月の終わりごろに見に行った。だからとっくに終わってる。近くに用事があったついでに寄っただけであまり時間がなくて駆け足での鑑賞だった。
http://www.matsuzakaya.co.jp/nagoya/museum/2012_bingata/
今年は大々的な型紙展(KATAGAMI Style)があったので、そのことも思い出しつつ。といっても内容は全然違うんだけど。こちらは型紙よりも染められた生地、仕立てられた着物がメインの展示。
紅型は沖縄の伝統工芸みたいなものなのかな?例の型紙展でも少しだけ展示されてたので、なんとなくは知ってた。芹沢銈介が有名なのかな?なんとなく民藝とかそっち方面で見たことある。
型紙展で見た印象では、本土の型紙は小紋とか細かい柄が多くて、紅型は大柄なのかなと思ってたけど、そればっかりではなくて、細かい模様もあった。中には本土の影響を受けた柄もあったり。色使いも派手なのばかりではなく控えめなものも。
派手なものは主に身分の高い人とか、お祝いの場とかのためのもので、普段使いには地味目な柄もあったということみたい。
染めの過程も説明されていて、なるほどーと思いながら読んでいた。ああいうこと考える人すごいよなー。

「現代絵画のいま キュレーターからのメッセージ」は兵庫県立美術館にて。12月の中ごろに見た。これはまだ終わってない。12/24までやってます!
これは、夏場にピサロ展とかバーン=ジョーンズ展とか見に行ったときに、節電キャンペーンだか何かでこの展覧会のタダ券をくれたので、せっかくだし…ということで行ってみた。
http://www.artm.pref.hyogo.jp/exhibition/t_1210/index.html
作家は知らない人がほとんどだったけど、ひとまず「現代作家」なんでしょう。プロフィールを見ると、生年が1958~1985の若手からベテランまでいろいろ。タイトルにあるように「絵画」作品を作る人たちを集めたのかな?
面白かったのがドットな絵。最初、どうなってるんだろう?としげしげと眺めてしまったけど、解説によるとシールを使ってるのか…。言葉で説明する自信がないのでパスするけど、見てて楽しかった。
サテン地に磁器の図案を写し取った作品も面白かったな。
溶ける作品は、あの壁にあった絵も溶けてたんだろうか?しばらくじっと見てたけどよくわからなかった。
一見真っ白で近づくと小さな点が…という絵も面白かったけど、解説を読んだらなんだかなーと思ってしまった。説明を読まないほうがいいこともたまにある。
最後の印画紙アートとでもいうのか、あれも面白かった。印画紙マジックだよなー。
てな感じで、よくわからなかったのは感想も書いてないけど、なかなか面白かったです。
今回、コレクション展の方は見る時間がなかったので、パス。年が明けたらまた他の展覧会のために来るし、そのときに見よう。「フィンランドのくらしとデザイン」展の前売りを買った。
関連記事

テーマ : 美術館・博物館 展示めぐり。 - ジャンル : 学問・文化・芸術

Edit |  00:20 |  アート  |  TB(0)  |  CM(0)   このページの上へ

Comment

コメントを投稿する


管理者だけに表示

このページの上へ

Trackback

この記事のトラックバックURL

この記事へのトラックバック

 | HOME | 
アクセス解析
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。