2017年07月 / 06月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫08月

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Edit |  --:-- |  スポンサー広告   このページの上へ

2013'06.24 (Mon)

ミュシャの絵葉書とグラフィック展

もう会期も終わりかけだけど、神戸の絵葉書資料館とドールミュージアムへ行ってきた。この2館は姉妹館なのかな?
土曜日に雨の中、お出かけ。絵葉書資料館へ行くのは2回目だけど、そういえば前回も雨だったなー。

絵葉書資料館では、ミュシャの絵葉書展を開催。
最寄は霞ヶ丘という駅なんだけど、神戸育ちじゃないのであの辺をなんと呼べば皆がぴんとくるのかわからない。一応神戸市だけど、明石寄りだし。垂水?須磨?
ミュシャのアンティーク絵葉書がたくさん展示されていた。ほとんどの絵葉書はミュシャの生前に作られたもの。多分。パリ時代のポスターや装飾パネルを絵葉書化したもの、チェコ時代のもの、写真絵葉書など、バリエーションもいろいろ。案外チェコ時代が多かった。
最初にミュシャのポートレート写真絵葉書が。晩年のお姿。こんなのもあったんだねー。
序盤は華やかなものが並んでいた。金彩がきれい。出るときに気づいたんだけど入り口でLEDライトを売っていた。あれ、室内で絵葉書に光を当てて見てねってことだったのか。気づいていたらやったのにー。
見慣れた絵柄も絵葉書になるとまた違った趣があってたのしい。縮小するからどうしても細かい線とかまでそのままというわけにはいかないんだけど、出来のいいものはかなり綺麗な印刷で、すごいなーと思ったり。特にJOBが綺麗だったなあ。
たまに表情が微妙に違ってるのもあって、夢想のお目々がいやにぱっちりしてた気がする。黒目がちというのか。
絵葉書専用デザインというのが3種類紹介されてたけど、他にもあるんじゃないのか?今回も展示されてたやつで、ハープのとか、四季のデザインとか、他で見たことないデザインもある。あれは他で使われてた経歴があるんだろうか?
スラヴ叙事詩の絵葉書もたくさんあった。キャプションが大雑把で、数枚の絵葉書が1つのパネルにセットされていて、「スラヴ叙事詩他」みたいなタイトルがついていて、「他」って何やねん!ともどかしく思ったり。
プラハ市庁舎の天井画もあったけど、円を半分ずつ、2枚の絵葉書に仕立てていて面白い。
プラハ時代の絵葉書の中には見たことないものも。タイトル不詳だけど、十字架と少年のとか、エリュシュカ似の少女のとか。
見たことあるものも、改めて発見があったりする。メニューの絵柄で、後ろに見えているのはお皿?というのがあったり。
面白いものとしては、ミュシャの絵とコラボというのか、ミュシャの絵の中の女性っぽくコスプレした女性が、ミュシャの絵の前でポーズ取ってる写真というのがあった。これ、ネットで見たことあるような…。飾ってある絵はビザンチン風頭部ブロンドなんだけど、ディティールが本物と違うのが謎。
サラ・ベルナールの写真絵葉書もあった。
常設らしいスペースにもときどきミュシャが紛れている。絵葉書だけじゃなくて装飾資料集のパネルも何枚かあった。
絵葉書だけをこれだけまとめて見る機会はなかなかないかも。こじんまりとしたとこだけど、マニアには楽しい展示でした。

元町のドールミュージアムではミュシャのグラフィック展を開催。
ドイツ在住の尾形寿行氏のコレクションらしい。
こちらもこじんまりとしたスペースに展示。ドールミュージアムなのでドールと一緒に展示。ポスターや装飾パネルは少しで、大半は雑誌とか書籍の類。
面白いなと思ったのが、何冊かの本はばらさずに綴じた状態で置いてあったこと。本の状態で見るのも新鮮。
ルモアの表紙だっけな?12ヶ月の絵葉書と同じ絵柄を表紙に使ってるのがあって、木口木版なのかな?めっちゃ綺麗だった。12ヶ月の絵葉書は好きだけど欲しいかと言われると微妙…と思ってたけど、あれなら欲しい!(絵葉書はリトグラフです。)
イルゼも綺麗だったなあ。
装飾パネルは曙と黄昏があった。これを見るのは久々のような。曙のおねーさんが引っ張ってる布が不思議だった。あれはどこから引っ張ってるんだ。
ポスターはイヴァンチッツェ地方祭があった。
尾形さんのコレクションの全貌を知らないけど、そこから選んだ結果がこの2組というのはどういう意図なのかな。
あとは縮小版で、サロンデサンとかが何枚かあったような…ちょっと記憶が曖昧。
ガラスケースの中に切手とか紙幣とかLUのラベルとかが置いてあった中に、説明パネルが剥がれ落ちてた。見てるときに何か変だなと思ってよく見たらそんなことに。幸い作品に当たったりはしてなかったけど、どないやねんと苦笑。まあ、そんなこともあるよね。
その中に、紙幣みたいな特殊印刷っぽい紙切れがあって、でも額面は書いてないようで、小切手か何かなんだろうか?そこに夢想の絵柄がプリントされてたんだけど、微妙に変な顔をしていた。
他に、これはミュシャなんだろうか?という絵もあった。カミ印刷所って書いてあるやつとか、サインなしの絵とか。
サラのポートレートを元にしたものもあって、ものが何だったのかよくわからないけど、あれは明らかにミュシャではないだろう…
ミュシャ周辺の色々を集めてみましたって感じなんだろうか。それはそれでいいんだけど、ミュシャなのかミュシャじゃないのかくらいはわかるようになってるとよかったんだけどな。

ドールミュージアムの隣かその隣くらいにプラハというお店があった。チェコやドイツの人形を置いてるっぽかったので入ってみた。三角のインセンスを入れるお人形というのが気になったけど、使うかなーと悩んで踏み止まった。
関連記事

テーマ : 美術館・博物館 展示めぐり。 - ジャンル : 学問・文化・芸術

Edit |  23:01 |  ミュシャ一般  |  TB(0)  |  CM(0)   このページの上へ

Comment

コメントを投稿する


管理者だけに表示

このページの上へ

Trackback

この記事のトラックバックURL

この記事へのトラックバック

 | HOME | 
アクセス解析
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。