2017年09月 / 08月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫10月

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Edit |  --:-- |  スポンサー広告   このページの上へ

2013'07.18 (Thu)

ボストン美術館 日本美術の至宝@大阪市立美術館

なかなか終わらない5月の話。
ボストン美術館 日本美術の至宝展に行ってきた。ボストン美術館の名品的な展覧会は何度か行われているけど、今回は初期洋風画の屏風絵が出ているということで、それが目当て。日本画だけだったら行かなかったかも…。
会場に入ってすぐのところに岡倉天心の像が。近代洋画の敵!と思ってしまう浅井忠ファンの私ですが、廃仏毀釈の時代に日本の古美術を守ってくれたのはこの人なんだしなー、あんまり悪く言っちゃダメよねと思いつつも、やっぱり手放しでは称えられない…。
時間的にちょっと遅かったこともあって、最初のほうでゆっくり見てたら会場のスタッフの人に、まだまだ先は長いのでペースを考えて見てね的なことを言われてしまった。個人に向けて言ったわけじゃなくて誰と言うこともなく会場の人に向けて言ってた。
そこまでは割とじっくり見てたんだけど、そう言われりゃそうだなと思って、少々ペースアップした。
序盤は古い仏画が主だったかな。8世紀の仏画とか凄いなーと思うけど、真っ黒で何が描いてあるかわからない…。某リクリエイトじゃないけど、こういうときはもう少し見やすい形になんないかなーと思ってみたり、でも1000年以上前のものが目の前にあることを有難がった方がいいんだろうかと思ったり。前に奈良で仏像を見たときもそうだったけど、昔はきっと色鮮やかだったんだろうなあ。
うっすらとわかる金彩とか綺麗っちゃー綺麗だけど、わかりにくい。
仏様とか想像上の生き物とかを見てて、前日見た中谷宇吉郎からの連想だけど、自然に対する姿勢というか、畏敬の念みたいなのとか、空想とか想像力の豊かさとかを感じた。うまい言葉が出てこないんだけど、うーん。
彫刻というか仏像とかそういうものも幾つか展示。仏像が身に着けている装飾品が気になった。
絵巻のところはちょっと渋滞気味だった。着物の柄が色々あって面白かった。当たり前かもしれないけど描き分けてるんだよな。時間の関係もあって絵巻は最初の方だけしか最前列では見てなくて、後半は列の後ろから眺める感じで済ませちゃった。展示ケースの上の壁に説明用のパネルもあったのでだいたいの内容は後ろからでも見れたし。超能力で空飛んじゃったり、色んな困難をズルしてパスしてやったー!みたいな内容だった(要約しすぎ?)。
そういえば初期洋風画は…と思ったら後半で出てきた。状態はよかった。綺麗だった。けど、神戸市博で見たときほど感激しなかったなあ。あの時は本でしか知らなかったものの実物を拝めるということで自分のテンションも相当高かったからかな。
(余談:あの展覧会は結局2回見に行ったんだけど、2回目の感想を書かずじまいだった。展示替えが結構あったので、2回目はだいぶ印象が違ってた。レパント戦闘図が想像以上に綺麗で面白かった。泰西王侯図も綺麗だったー。地図もたくさんあった。あと、会場内の解説で印象に残ってるのが、外国の人が日本で受けるのはこういう内容の絵だと言っていたという説明で、3つくらい題材が挙げられていて、その中に正確な表現は忘れたけど色っぽい絵が受けるみたいなことが書いてあった。いったいどんな内容だったのか気になるわ。単に男女が戯れてるだけとかだったりするのかな。残りはたぶん戦いの絵とかそんなんだったような。これは図録を探したけど書いてないみたいで、自分の記憶だけが頼り…。)
江戸時代の絵画ということでいろいろ。芥子の金屏風が綺麗で、夏目漱石の美術世界展で見た屏風(再現)を思い出した。あれは銀色だったしサイズも違うけど。
若冲もあったね。オウムの絵は綺麗だった。でも展示場所が奥まったところにあって、最初は人が多すぎてあんまり近寄れなかった。後で時間が余って戻ってみたら人が減ってたので近寄れたけど、あの配置はあかんだろう…。
今回の展示では曽我蕭白が目玉なんだろうか。龍の襖絵がどーんと。他にも色々ダイナミックな絵が並んでた。最近「奇想」が人気なのは知ってるけど、さほど熱心に追いかけてないからなんとも。ただ、なんとなく漫画っぽいなーと思いながら眺めてた。
他に印象に残ってるのが小動物。出てきた場所とか時代はたぶんばらばらで、前半にもいたような気もするし、後半にいたような気もする。
麝香猫(ジャコウネコ)が妙で可愛かったんだけど、グッズがマグネットとかそういうのしかなくて、せめて絵葉書くらいのサイズがあったら買ったのになー。そのために図録を買うほどでもないなーと思ったし。今となっては記憶もぼんやり。
栗鼠も可愛かった気がする。メモにはそう書いてある。
その日は少し雨が降ってたんだけど、帰る頃にはほとんど止んでた。美術館から公園を通り抜けて駅まで行くんだけど、薔薇がちょうどいい季節で綺麗だった。色んな名前がつけられてるのを見るのも楽しい。ブルームーンって青い薔薇と言われてるやつだっけ?実物は薄紫~薄ピンクって感じだったけど。
関連記事

テーマ : 美術館・博物館 展示めぐり。 - ジャンル : 学問・文化・芸術

Edit |  23:10 |  アート  |  TB(0)  |  CM(0)   このページの上へ

Comment

コメントを投稿する


管理者だけに表示

このページの上へ

Trackback

この記事のトラックバックURL

この記事へのトラックバック

 | HOME | 
アクセス解析
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。