2017年11月 / 10月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫12月

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Edit |  --:-- |  スポンサー広告   このページの上へ

2013'08.05 (Mon)

ミュシャ くらしを彩るアールヌーヴォー、ミュシャの横顔

大阪市立住まいのミュージアム(大阪くらしの今昔館)で開催中の「ミュシャ くらしを彩るアールヌーヴォー」展に行ってきた。
ギャラリートークのある日を狙って行った。
お話は兵庫県美の学芸員で元堺のミュシャ館の学芸員の方と、ミュシャコレクターの尾形さん。
尾形さんはドイコレクションの形成に関わった人らしい。当時は土居さんの下でミュシャ作品を集めていたらしいけど、今は自分の趣味で集めているんだとか。ミイラ取りがミイラになったと(笑)。コレクターとしては後発組だし、そんな大枚はたけないのでポストカードをメインで集めているそうで。展示されてた絵葉書の中で、特にこのJOBは綺麗なもので…というお話をされていて、こないだ絵葉書資料館で見たときに綺麗!と思ったやつだったので、やっぱりそうなんだ…と嬉しくなった。
コレクター的な視点のお話も面白かった。ポストカードも色々あって、高いものだとポスター並みの価格だったり。シャンプノワみたいな大手の印刷会社が出したものは枚数もあるけど、小さな印刷所が出したものなんかは数が少ないかららしい。あと、集めるとしたら使用済みか未使用(未書き込み)のものか、という話で、最初はまっさらのがいいと思ってたけど集めるうちに使用済みのも欲しくなって…という話が可笑しかった。
神戸ドールミュージアムで尾形コレクションを見たときに、大判リトグラフはイヴァンチッツェ地方祭と曙・黄昏セットの2種類で、なんでこの2種類なんだろう?と不思議に思ったんだけど、その謎も判明した。
曙・黄昏は確かドイコレクションには片割れしかなくて、そもそも結構レアなんじゃなかったっけ?ということが漠然と頭に浮かんでたんだけど、それに直結する答えだった。
イヴァンチッツェの方も似たような経緯で、ドイコレクションに入ってるのは文字部分が切り取られたもので、文字入り版を探してたというのがその理由。
これは結局ドイコレクションには入らなかったみたいだけど、その理由まで突っ込んで聞いていいものか悩んだので聞いてない。
蛇腕輪の逸話も楽しかった。目の前にアレがあったらやっぱりつけてみたくなるよね(笑)。この腕輪は30年位前にサザビーズのオークションで土居さんが落札したものなんだけど、1年くらい前にドイツの装飾博物館で開催された蛇にまつわるジュエリーを集めた展覧会に貸し出しされた際に、当時オークションで競り合った相手がその博物館の人で、再会して、あの時は…という話で盛り上がったらしい。(ちなみに蛇腕輪は今昔館では展示されてません。堺のミュシャ館にあるよ!これだけのために堺へ行く価値がある作品なので、みんな堺へ行こう!)
お二人が堺(というかミュシャ館というかドイコレクションというか)に縁の深い人だからか、堺アピールが随所に(笑)。今はウミロフミラーも修復されて綺麗になって展示されてるし、ハーモニーもあるし、クォヴァディスもあるし、ナチュールもあるし、蛇腕輪もあるし、大型の壁画習作もあるし、油彩画もたくさん展示されてるし、是非!と私からも猛烈アピールしておく。その分リトグラフは少ないので、そこは今昔館で補いましょう。今昔館から堺までは電車で40分くらいなので、近い近い。余裕でハシゴできるよ!

その他、小話など。
白い象の伝説の小型版は表紙が子供向けに可愛らしくなってた(ミュシャではない)けど、中の挿絵はミュシャらしい。
ロシア復興の絵葉書の裏に、ロシア復興の切手が貼ってあった。
スラヴィア銀行は証券みたいなもので、裏面にはそういう記載があるとか?
ハムレット修復の話。鳥の糞。
LUのパッケージはシートで売ってたらしい。側面はレア。普通はなんの味気もない箱。ミュシャなどがデザインしたシートで包むようなイメージ。ミュシャのデザインの中ではイタリアの情景を描いたものが人気だったらしい。
当時、ポスター(装飾パネル)が大衆向けだったとはいえほいほい買えるもんでもなかったので、絵葉書を集めてる人が多かったらしい。ポスターがウン万円として絵葉書が数百円くらいの感覚だったらしい。ミュシャの奥さんも…?
尾形さんはLUの本をお持ちで、トークの参加者向けにご自由にどうぞとしばらく置いておいてくれたので少し読んでみたけど、ミュシャ以外の内容も興味あるなー。(ゆっくり読んでる時間はなかった)JOBも興味あるんだけど、どこかに本とか資料はあるんだろうか。
当時のリトグラフの販売カタログみたいなのがあった。研究者にとってもレアものらしい。
石版の説明で黒板を例に出してたのがわかりやすかった。
ミュシャが「ミュシャ」として定着する前の話とか。
シルクサテンに印刷したものを目玉扱いしていたことに疑問を持っていたのは私だけじゃなかった。
堺のミュシャ館は世界で3本の指に入るコレクションだと言っていた。最大のコレクションはミュシャ財団として、もうひとつってレンドルコレクションかしら?と考えるに至って、改めてジリ・ミュシャの偉大さに感嘆する。どのコレクションにも関わってるんだもんね。芸術家が後世にまで評価されるためには熱心な遺族やコレクターの存在が大事というけれど、それを地で行く存在だなと。
元堺の学芸員だった方は、つい最近まで堺にいたそうで、トークの後もしばらく雑談していたら、あるとき堺で目撃されていたことが判明(笑)見られてたなんて知らなかったよ。あの節はどうも…。兵庫県美でも頑張ってください。(以前、堺のミュシャ館へ行ったとき、閉館時間が過ぎてるのに館内で資料を読み耽っていて、係の人に声をかけられたことがあった。たぶん半年か1年くらい前。そのとき学芸員さんとは直接顔を合わせていないんだけど、監視カメラか何かで見られてたってことかな。)

展覧会のほうに話を戻すと、尾形コレクションは絵葉書が大多数で、雑誌や書籍関係も多かった。ポスターや装飾パネルは堺市所蔵のものや大阪市寄託のサントリーコレクションがほとんど。
ミュシャ以外の展示もあった。ガレの家具とかいろいろ。武田五一とか。その辺は京都工芸繊維大学の工芸資料館からの出品で、作者不詳のものも多かったかな。たぶん当時、資料として学校で使っていたものなんだろうか。大阪のアールヌーヴォー建築も写真パネルで紹介されていた。
トークでおなかいっぱいになっちゃったので、最後のほうはちょっと消化不良気味かも。余裕があればもう1回行ってもいいかなー。今昔館の常設コーナーも見ないままだったし。

鑑賞後、あんまり時間がなかったけど堺へ向かった。今やっているのは「ミュシャの横顔」展。
くらしの今昔館で話を聞いた後で見ると、なるほどね~な展示が。
今昔館のギャラリートーク後の雑談の中で、ドイコレクションのイヴァンチッツェ地方祭のポスターは上下の文字部分が切り取られているという話があったけど、その完全版の写真パネルが横に貼ってあった。
もうひとつ、なんだっけな?同じような展示方法になってるやつがあった。
油彩画とか壁画の下絵(かなり大きい)とか、大ぶりなものの展示が多いせいなのか、全体の展示数はいつもより少なかったような…。
ウミロフミラーは修復されたということだけど、前がどんなんだったかよく憶えてない…。心なしかくっきりしたような?まあ、修復といっても劇的に手を入れるわけじゃないだろうし、前後の比較写真でもないとわかんないよね、ということにしておく。
蛇腕輪もナチュールも相変わらず麗しい。
クォヴァディスもハーモニーもいい。
リトグラフは少なかったけど、月星シリーズが並んでた。これ綺麗だよねー。
習作とか下絵の類も色々あって、面白かった。
前後期で展示替が多少あるらしく、後期に私の好きな「眠れる大地への春の口づけ」が!リトグラフだけど見たいー。また来なくては。
是非手に入れたいと思っていたミュージアムニュースをゲット。ほくほく。
2013-08-05_233726.jpg

さらに時間はないが与謝野晶子文芸館も覗いてきた。むかしの「くらし」を覗いてみようという企画で、くらしの今昔館から借りてきた家具とか日用品が少しだけ展示されていて、こんなところで協力してるのかと思ったり。晶子さんは商家の生まれらしいけど、もともとは堺に住んでたわけじゃないらしい(どこにいたかは憶えてない)。堺に引っ越した理由が新鮮な魚介類を求めてってところが凄いなーと思った。与謝野鉄幹と結婚してからは、鉄幹の趣味(違)で質素な食生活をすることになって色々大変だったとかいうエピソードも。
館内の案内板とかを見ていたら、ご自由にどうぞということで、過去の展覧会のミニパンフレットが置いてあった。明星絡みのものを2つ貰ってきた。藤島武二~♪
2013-08-05_235728.jpg
関連記事

テーマ : 美術館・博物館 展示めぐり。 - ジャンル : 学問・文化・芸術

Edit |  23:49 |  ミュシャ一般  |  TB(0)  |  CM(0)   このページの上へ

Comment

コメントを投稿する


管理者だけに表示

このページの上へ

Trackback

この記事のトラックバックURL

この記事へのトラックバック

 | HOME | 
アクセス解析
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。