2017年11月 / 10月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫12月

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Edit |  --:-- |  スポンサー広告   このページの上へ

2013'08.10 (Sat)

日本の70年代 1968-1982@広島現代美術館

ゴールデンウィークに広島で夏目漱石の美術世界展を見た後、広島市現代美術館でやっていた、日本の70年代展を見てきた。
広島県立美術館からは市電で移動。美術館までは駅から500mということで油断してたら山道でびっくり。山登り疲れた。
2013-04-27_151400.jpg
階段で行くか、なだらかな坂道を行くか…。

展示内容は埼玉近美で開催時の概要でどうぞ。
面白かったけど、感想が書きにくい。60年代に比べると近すぎて評価しにくいというか。70年代の空気を知ってる世代ではないんだけど。雑誌やポスター、漫画、書籍、写真といった資料類が多かった。
レコードジャケットとか、書籍類も、戦前くらい前のになると古書の趣も出てくるけど、70年代だとその辺の中古屋(古本屋)とか図書館にありそうに思えちゃうしな。いわゆるアートな作品もあった。時間がなくて映像系はきちんと見てない。最後は80年をちょっと過ぎたところまであった。
とりあえず展示は60年代末から始まる。宇野亜喜良とか横尾忠則とかの演劇ポスターとかがどーん。安保闘争だっけ?その頃の映像もあったり。当時の雑誌とか、マンガの展示もあった。普通(?)の漫画の原稿もあったけど、前衛漫画とでもいうのか、意味不明なマンガの原稿も展示されていた。粟津潔ってこんなこともやってたのか。赤瀬川原平のポスターだったかに漫画っぽいキャラが出てくるんだけど、水木しげるかと思った。鬼太郎っぽいような感じ。
数年ごとに壁に年表のようなものが書かれていた。当時の世相がわかるようにという配慮かな?
どこからが70年代か忘れたけど、万博関連の展示がどーん。せんい館の建築デザインが横尾忠則でびっくり。そんなこともやってたんだ。四谷シモンの人形があったり、万博関連映像が流れてたり。万博反対派みたいなのもいたみたいで、ビラかポスターかよくわかんないけど、そんな資料も展示されてた。
an anだっけ?雑誌もいろいろ展示されてた。an anといえば、以前、国立国会図書館関西館で見た雑誌の展示を思い出すなあ。
レコードジャケットもいろいろ。
カプセル型のアパートみたいなのがスケッチとか写真も?展示されてた。耐震性とか大丈夫なんだろうか。
廊下みたいなところにもレコードジャケットがたくさんぶら下がってた。
階を下ると現代アートな展示がいろいろ。この辺で時間が足りなさそうな気配が濃厚だったので映像作品とかは足早に流してしまった。山下洋輔が炎上するピアノを弾いている映像もあった。知ってる名前もちらほらあって、もう少し時間があればじっくり見れたのになー。
最後は80年代にも及んでいた。この辺で田中一光が出てきてた。この人の活動自体はもっと前からだけど、特に目立ってた時期ってことなんだろうか。
この感覚は世代によって差があるかも知れないけど、80年代に入るとようやく現代に繋がる実感があるなあ。70年代だと昔の話って感じがするけど、80年代はリアルタイムで経験してるからだろうか。
パルコのポスターとか、具体的にどんなのだったか記憶はしてないけど、「知ってる」と感じるんだよな。展示品の年代を見ると実際に見てる可能性は低いんだけど、あのテイストは80年代後半か90年くらいまで続いてたんだろうか。
全体的に資料展示が多くて、雑誌が山積みになってたり、ひとつひとつをじっくり見てると時間も足りないし、そもそも積んであったら見れないという話もあったり。
70年代の学生の部屋を再現したものがあったけど、他に人も何人かいたし、あまり時間もないしということで、遠巻きに眺めただけ。

その後、常設展示も見てきた。「2013-Ⅰ レイヤー 層が生み出す表現」というタイトル。あんまり時間もなかったので駆け足で見たけど、結構面白かった。版画もあったし。
岡本太郎の壁画の原画(小ぶりの習作みたいなやつ)もあった。

帰りに寄った書店で寺山修司のムック本を見つけて買ってみた。
4197103492寺山修司と演劇実験室 天井棧敷 (Town Mook 日本および日本人シリーズ)
九条今日子
徳間書店 2013-04-02

by G-Tools

70年代展の冒頭に寺山修二関連の展示があったので、一応関連ネタとして書いておく。
三輪明宏と横尾忠則のインタビューが面白かった。2人の話が微妙に食い違ってる。昔のことだから記憶が曖昧なのか。そんなもんよね、人の記憶って。
後日、別冊太陽からもムックが出てるのを知ったけど、ボリューム的には初心者に優しいのは私が買ったやつかも。最初は敷居が低い方が入ってきやすい。
4582922074寺山修司: 天才か怪物か (別冊太陽 日本のこころ)
九條今日子
平凡社 2013-04-08

by G-Tools

これを書くためにちょっと調べてたらもうひとつ出ていた。これはどんな感じなんだろー。
4800301181寺山修司の迷宮世界 (洋泉社MOOK)
笹目浩之
洋泉社 2013-04-01

by G-Tools

関連記事

テーマ : 美術館・博物館 展示めぐり。 - ジャンル : 学問・文化・芸術

Edit |  20:46 |  アート  |  TB(0)  |  CM(0)   このページの上へ

Comment

コメントを投稿する


管理者だけに表示

このページの上へ

Trackback

この記事のトラックバックURL

この記事へのトラックバック

 | HOME | 
アクセス解析
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。