2017年11月 / 10月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫12月

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Edit |  --:-- |  スポンサー広告   このページの上へ

2013'09.17 (Tue)

生誕100年 中原淳一展

7月末の話。少し前に加藤まさをを見た流れで、阪急うめだでやるから近いしってことで、中原淳一展を見てきた。
十代の頃の画帳から絶筆まで、色んなものが並んでいた。
中原淳一の絵は凄く好きってわけではないんだけど、戦前の絵柄は可愛いなと思った。戦後では、童話の挿絵とか、影絵とか、装飾ページが可愛かった。
別に苦手というほどでもないんだけど、どこがイマイチなんだろうと思いつつ見てて、特に結論もないんだけど、ひとつあるとすれば体型かなあ。時代の流行もあるのかもしれないけど、肩が張っててウェストぎゅっと絞ってるみたいなデザイン画が結構多かったような。顔つきも快活すぎるのかもしれない。
若い頃は夢二に感化されてたりするそうだけど、初期(戦前)はともかく戦後のこの人の作風って抒情とはちょっと違うような。それが戦後、昭和の時代なのかねー。大正ロマンとかアールデコ、昭和初期のモダンな雰囲気ともちょっと違う。新しいといえば新しい。
初期はイラストレーターとして、中期は雑誌編集者として、という立場の違いも絵柄に影響を与えているんだろうか?
中原淳一は雑誌の表紙とか本の表紙、挿絵なんかが有名だけど、それ以外にも雑誌まるごと編集してたり、講演会もやったり、色んな仕事をこなしてて、睡眠時間2~3時間を365日何年も続けてたって、そりゃ体壊すよ。なんでそこまで…?というのが気になった。結局、体調を崩して晩年は療養生活だったらしい。
なぜそんなに生き急いでいたのか?と考えたりもした。ふと思い出したのは寺山修二。彼も大概ワーカホリックで、その裏には少年期(だっけ?)に病気になってあまり長生きできないんじゃないかという思いがあったのではないか、みたいなことを元奥さんが言っていた。(たまたま読んだ本で聞きかじっただけの情報ですが…)そういえば橋口五葉も過労で若くして亡くなってるし、程度の差こそあれ、打ち込みすぎてしまう性質の人ってのはいるのかもねえ。
原画は紙を切り貼りして修正してあるものが結構あった。ハイライトの入れ方とか、そのままだとちょっと不自然というか、あくまで印刷物となったときに綺麗であればいいということなのかな?下絵の段階ではモノクロで色は後から指定するようになってたり、あくまで版下絵って感覚なんだろうなと思ったり。
ときどき原画と完成品(本や付録などの印刷物)が並んでて、見比べるのも楽しかった。
デザイン画は他の人がデザインしたものを淳一が描き直してたものもあるそうで、雑誌としての統一感を重視してのことだったらしい。
服のリメイクアイデアとか、実用的な記事は面白かった。
病気で仕事を中断している間に作ったらしい人形の展示も。脚ながー。何頭身だよってくらい。
会場が会場だけに宝塚歌劇100周年特別展示もあった。奥さん男前だなあ。
最後に、淳一の生誕100年を祝う著名人の色紙がずらり。ぶっちゃけ、芸能人の色紙とかどうでもいいんだけど、宇野亜喜良のがかわいかった。顔のドアップをデザイン化したような構図で、目のところにイラストが入ってるという表現で伝わるのかどうか…。あれが絵葉書とかになってたら欲しかったな。
関連記事

テーマ : 美術館・博物館 展示めぐり。 - ジャンル : 学問・文化・芸術

Edit |  02:00 |  アート  |  TB(0)  |  CM(0)   このページの上へ

Comment

コメントを投稿する


管理者だけに表示

このページの上へ

Trackback

この記事のトラックバックURL

この記事へのトラックバック

 | HOME | 
アクセス解析
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。