2017年05月 / 04月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫06月

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Edit |  --:-- |  スポンサー広告   このページの上へ

2013'11.11 (Mon)

画業40年記念「黒井健 絵本原画の世界」展~物語との出会い~

9月末の話。
阪急うめだのギャラリーでやっていた黒井健展を見た。(阪急百貨店の告知 その1その2
昔、「詩とメルヘン」とか「MOE」とかの雑誌をよく見てた頃に、この人の絵も目にしてたんじゃないかな。それで何となく名前は憶えてた。あとはまあ、会場が行きやすい場所にあって遅い時間でも開いてるからという理由で、通りすがりにふらっと寄ってみた。
代表作は「ごんぎつね」や「手ぶくろを買いに」なのかな?ころわんとかいうシリーズもあるらしいけどよく知らない。絵本以外に大人向けの挿絵なんかも描いているらしい。
ごんぎつねも手ぶくろ~もお話は知ってるけど、この人の絵本で読んだことがあるかどうかは不明。教科書に出てきた記憶はあるので、絵本では読んでないのかも?
絵の横に制作秘話的なコメントが書いてあって、そこで、当たり前なのかもしれないけど、ちゃんと取材して描いてるんだなーというところにへえとなった。確かに文章で情景を説明するのと違って、絵は誤魔化しがきかないからね。「手ぶくろを買いに」では昭和の町並みを表現するのに苦労したとか。原作ではっきり時代が限定されてたのかわからないけど、原作が書かれた時代を意識したってことなのかな?
絵本の内容と制作技法が合わなくて何年も棚上げにしてた作品があったとか、絵本を作るのにも色んな苦労があるんだなあと思った。
技法は色鉛筆がメインなのかな?他にオイルパステルを使ってるとか、布でぼかしてるとか、そんな説明があったような。なんとなく水彩とかパステルで描いているのかなと安直に考えてたけど、試行錯誤の上の技法なんだなあ。
若い頃、数だけこなしてたときは、必死で仕事してたのに、ふと気がつくとそれらの本は全然お店に並んでなかったとかいうエピソードも。じっくり作品に取り組むようになってからは、構想から完成まで何年もかかるものもあったりするらしい。
絵以外に、絵を元にした人形とかの小物が展示されてた。作ったのは多分他の人。
新美南吉の自筆原稿が展示されててびびった。
インタビュー映像とかも流れてたけど時間がなかったのであまり見ていない。会場に入ったのは閉場まで1時間もないくらいの時間だったかな?会場に入るときに係員の人に、DVDが○分くらいあるので興味があれば先にご覧になるとよいですよ、みたいに言ってくれたんだけど、絵と解説をじっくり見る方を優先したので…
グッズ売り場には複製画も売られていた。ジークレーだったかな?こういうのを見るとついお値段をチェックしてしまう…。サイズが大きくなると急に値段が上がるなあとか。
参考リンク:
http://www.kenoffice.jp/
http://mi-te.jp/contents/cafe/1-1-130/
関連記事

テーマ : 美術館・博物館 展示めぐり。 - ジャンル : 学問・文化・芸術

Edit |  23:15 |  アート  |  TB(0)  |  CM(0)   このページの上へ

Comment

コメントを投稿する


管理者だけに表示

このページの上へ

Trackback

この記事のトラックバックURL

この記事へのトラックバック

 | HOME | 
アクセス解析
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。