2017年04月 / 03月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫05月

2014'04.16 (Wed)

青山熊治展

昨年10月後半に、姫路市立美術館の開館30周年特別企画展、青山熊治展へ行ってきた。
青山熊治の名前はなんとなく知ってる程度。和歌山県美で見たんだっけな。兵庫県ゆかりの人ということで(生野町出身)、姫路市立美術館はもちろん、兵庫県美や丹陽信金の所蔵品も多かった。
http://www.tanyo-shinkin.co.jp/kouken/culture_aoyamakumajiten.html
http://www.city.himeji.lg.jp/art/digital_museum/kyodo/yukari/aoyama/index.html
http://www.artm.pref.hyogo.jp/2002-2008old/collection/hiroba/aoyama.html
結構大きな賞を幾つか取ってて、生前はそれなりに有名だったっぽいけど、今はあんまり…よね。実際、賞を取った絵を見ても、うーん、どうなんだろ、という感じだった。単に馴染みのない系統だからよくわかんないだけかもしれないけど。
白馬会の末期(最後だっけ?)に賞を取っているとかで、ちょっと知ってるところに繋がってはいる。炭鉱夫の絵(老鉱夫)なんかは、プロレタリア的?とか思ったり。金仏もそれに近いのだろうか。
北海道でアイヌを描いたり、九州で大学の壁画の仕事したり、北から南まで色んなところで仕事をした人のよう。
絵画修行すべくヨーロッパへ旅立つ…というところは当時の画家と同じなんだけど、陸路で行こうとしたところがちょっと違う。鉄道で西へ向かうも戦争の影響でモスクワで足止めとか。現地で絵の勉強も出来たようなので無駄ではなかったようだけど。
ようやくフランスへたどり着くもお金がなくてきこりをしていたとか、色々あるんだなあ。帰国するためのお金もなくて9年くらい滞在したとか。大正時代をほぼまるまるヨーロッパで過ごしたことになる。
このヨーロッパ滞在中にも日本から援助の手は差し伸べられていたようで、パトロンの名前として芝川照吉が挙がってた。あら、こんなところで…。
帰国後もしばらくは大作を描くことがなかったそうだけど、久々の大作でまた賞を取ったとか。その作品も展示されてたけど、やっぱり、うーん。ちょっとシャヴァンヌっぽいのかなあ。壁画っぽいというか。色使いも淡め。高原とか雨後とかその辺、牛の絵とか、こういう絵の見方はよくわからない。
現存しない作品も結構あるらしく、写真パネルの展示も少しあった。
晩年は南画の影響も…という説明もあった。最晩年の投網とか、確かにそれっぽいなと思ったけど、この辺の味わいはまだまだよくわからないわ。
で、47歳で急逝。長生きしてたら本格的な南画描いてたりしたのかも?洋画の人でも結構そういう人いるしね。
図録の巻末資料が充実してて、ファンだったら絶対買ってただろうなあと思いつつ、専門外なので…(なんの専門だ)
先週の石垣栄太郎も資料的価値のある図録だなあと思ったし、こういう企画した人たちの思いが感じられる企画展っていいなあと思う。
展覧会の様子
芝川照吉蒐集図録

んで、この人の先輩で同郷人として、和田三造、白瀧幾之助という人がいる。この二人の特別展が何年か前にここであったらしい。見たかった…。
和田三造はよく和田英作とごっちゃになるんだけど、「南風」の人。兵庫県美に壁画だったかなにかあったよね。特別展の図録があって、中を見ていたら楽しそうなので買っちゃった。(青山熊治を差し置いて)
絵画だけじゃなくて色んな分野で仕事してるんだよね。そういう人が好きだから、和田三造にも興味津々。
和歌山のときも思ったけど、今はあんまり栄えてるイメージのないところでも、ある時代には文化的にも進んでいたりしたんだなあと、解説を読みながら思ったのでした。その要因が鉱山開発だったのが幾野ってことなのかな?

特別展とは別に、コレクションギャラリーでは「夜想曲(ノクターン) 夜を想う」を開催。
非常に小規模な展示。全部で十数点くらいかな?だけど今回は特に好きな雰囲気の絵が多くて楽しかった。

もうひとつ、これまで開催した展覧会のポスター展を通路の壁でやっていた。壁一面に貼ってあったのを見て、京近美でも同じことやってたなーと思い出した。こちらは30周年、あちらは50周年だっけ?
姫路も微妙に遠いからなかなか気軽には来れないんだけど、見たかったなーという展覧会も多い。開催された時点ではあまり興味を持ってなかったというのもあるんだけど。県庁所在地でもない市立でこれだけ充実してるのも凄いよなあ。さすが姫路というべきか。
関連記事

テーマ : 美術館・博物館 展示めぐり。 - ジャンル : 学問・文化・芸術

Edit |  00:19 |  アート  |  TB(0)  |  CM(0)   このページの上へ

Comment

コメントを投稿する


管理者だけに表示

このページの上へ

Trackback

この記事のトラックバックURL

この記事へのトラックバック

 | HOME | 
アクセス解析