2017年05月 / 04月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫06月

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Edit |  --:-- |  スポンサー広告   このページの上へ

2014'04.22 (Tue)

伊丹市立美術館THE COLLECTION 2013

2013年10月末に伊丹市立美術館のコレクション展プレスリリース・pdf)に行ってきた。
Room1:◯△□(まる・さんかく・しかく)
Room2:around“PUNCH”19世紀イギリスの挿絵と絵本

まずは、Room1:◯△□(まる・さんかく・しかく)。
泉茂の大型作品が!雲形定規の作品と、もうひとつ大きいの。初期の小型の銅版画もあった。こんなん持ってるんだなあ。
菅井汲の十二星座があった。少し前に芦屋で見たような?
伊丹といえば風刺画のイメージで、この辺の現代美術系が揃ってるのは知らなかった。
たぶん海外の作家で名前は忘れたけど遠目には一色(こげ茶?)に見えるけど、近づくと斜め格子状(だったと思う)に線が引かれている絵があって、それは見てて面白かった。ああいう絵ってじっと眺めてるとトリップしそうになる。
日本人作家で○や□を手で持ち上げるような彫刻が面白かった。入れ子状になってるやつ。これ、ロビーの片隅にあるのでなんとなくは見た記憶があるんだけど、そういうことを表現してたのか…。ひとつめを見てなるほどと思ってからふたつめを見つけて、対になってるような表現が面白かった。
いいなと思ったのは久保晃の油彩画。抽象画というのか、幾何学的ではあるんだけれど、なんと表現していいのかわからない、発光してるみたいだった、赤い絵。他にも何枚かあって、綿棒だったかなんだかで画面をこするか叩くかしてマチエールに拘っていたとかいう解説があったけど、その効果なのかな?ただベタ塗りしただけではない独特の雰囲気が出ていたように思う。難しいことはさておき、気に入ったということです。
前半は前半で楽しかったけど、後半が濃かった。

Room2:around“PUNCH”19世紀イギリスの挿絵と絵本
パンチで活躍した作家を紹介するというのが中心テーマだったのかな?でも見てるとまるでクルックシャンク展かのようなクルックシャンク率の高い展示だった。前半分はほとんどクルックシャンクだったような。ホガース率は低かった。
画家と作家の力関係が面白かった。どっちが強い?という話があって、画家の力が強いときは挿絵に合わせて文章を変えさせたとかいうこともあったらしい。オリバー・ツイストではチャールズ・ディケンズと揉めたとか。読む側の立場で考えても挿絵の印象って強いからなあ。
後日見た横尾忠則展でも挿絵に文章が引きずられるという話があったし、完全に文章と独立しちゃってる挿絵もあるし、単なる文章の説明を超えた存在になることだってあるんだよね。
クルックシャンクは童話を改変して教訓話にしちゃうとかいうやりかたが批判されたりもしたとか。お酒はダメよーみたいな。
今回は風刺画も出てたけど、絵本とか子供向けの挿絵が多かったかな?風刺画家だと思ってた人が児童画(絵本、挿絵)をやっていたり、その逆もあったり。分野というか方向性がかなり違う気がするけど、両立できるものなのか。時代の移り変わりによる影響なのだろうか?
アリスの挿絵で有名なジョン・テニエルの絵も出てたけど、あの人は確か挿絵画家よりも風刺画家であることに重きを置いてたって聞いたことがあるような…。
後半は、有力作家を何人か、作品を数点~十数点くらいずつで紹介。ここが結構面白かったんだけど、じっくり読んでると時間が足りない…。いい加減、閉館時間になってしまうので、泣く泣く飛ばしながら見ていった。
リチャード・ドイルも興味あるんだけどまとめて見る機会が欲しいなあ。
パンチ&ジュディについてももっとちゃんと読みたかったなー。解説だけじゃなくて展示されている書籍の内容もじっくり読めたら楽しそうだったのに。日本に紹介された例も確か置いてあったと思ったんだけど、でも文章は英語だった気がするし、あれ、なんだったっけ?
しかし、あらすじだけ読むとおそろしい話だ…。これが大人気になるって、西洋人のセンスは謎だ。
ただ、気づいてみると確かにパンチ&ジュディはポピュラーだったのねとわかる。ミュシャの絵にも出てくるし。
最後の方でラスキンが出てきて、アーツアンドクラフツのメンバー、ラファエル前派と言うべきか、その辺もちらっと。
ウォルター・クレインが何枚か出ていた。正方形の本かわいい。(後日LIXILギャラリーで見た内容と少しかぶってた。)
ケイト・グリーナウェイはラスキンに手ほどきされて云々ってあったけど、そういえば前見たラファエル前派ドラマに出てきた若い子はもしかしてこの人だったんだろうか、なんて考えたり。(ドラマではリジーから乗り換えた風に見えた。そう見せてた?)もうちょっとこの辺の人間関係も詳しく知りたいなー。
その後にアーサー・ラッカムも。ラッカムの活躍した時代はさらに後なのかな?アールヌーヴォーの影響が云々書いてあった。ラッカムとアールヌーヴォーって結びつけて考えたことなかったけど、そう言われてみると多少そういうところはあるのかな?

パンチ&ジュディについて、なんか本でも出てないかな?と思って調べたら、ミステリー小説が出てきた。カーター・ディクスンって懐かしい…。
4150704139パンチとジュディ (ハヤカワ・ミステリ文庫 クラシック・セレクション)
カーター・ディクスン 白須 清美
早川書房 2004-03-24

by G-Tools

関連記事

テーマ : 美術館・博物館 展示めぐり。 - ジャンル : 学問・文化・芸術

Edit |  00:45 |  アート  |  TB(0)  |  CM(0)   このページの上へ

Comment

コメントを投稿する


管理者だけに表示

このページの上へ

Trackback

この記事のトラックバックURL

この記事へのトラックバック

 | HOME | 
アクセス解析
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。